いくら対策を講じても「盗み」の手口は日々進化、高度化する。成長の源泉とも言える知的財産を守りつつ、企業や事業者が成長を図っていく上で大切なポイントは何か。流出を防ぐための実例を交えつつ、鍵となる3カ条を見ていこう。

■連載予定(タイトルや回数は変わる可能性があります)
「まさか中国に漏れるとは」 日鉄元技術者の後悔
次世代太陽電池、ノーベル賞級・日本人開発者も驚く中国の包囲網
海外勢が羨望 危機迫る「夢の再生医療」iPS細胞を守れるか
気づけば偽物が“本物”に 脅かされる日本の化粧品や農産物
サイバー攻撃、陰の主役は「国家」 企業は太刀打ちできるか
・高度化する「盗み」の手口 知財を守り成長するための3カ条(今回)
・高市早苗・経済安全担当相に聞く、日本の技術を守るには

 米国での特許登録件数は36年連続で5位以内。日本企業としては17年連続トップ――。キヤノンが力を入れる知的財産戦略は、情報流出防止に取り組む企業への示唆に富む。

 技術やノウハウの公開や秘匿の線引きの基準をどこに置くか。キヤノンでは従来、①検証可能性、②他社到達可能性、③技術の重要性、④公共性──の4つを重視してきた。近年は「経済安全保障の観点」を5つ目のポイントとして定めた。

 故意や悪意のある特許権侵害には各国で訴訟を行う。米国では過去3年でトナーカートリッジやトナーボトルといった消耗品に関する訴訟を提起。30社に勝訴し、2社と和解している(係争中の案件を除く)。

 商標権の侵害に当たる模倣品の撲滅に向けて、商標「Canon」を世界約190の国・地域で登録。どのエリアでも、キヤノンを装った模倣品を取り締まれる体制を整える。

[画像のクリックで拡大表示]

 模倣品も含め、知的財産権の侵害をいかに防ぐか。大切なのが、汎用的な技術と自社の強みが生かせるコア技術との線引きだ。特許に代表される前者は、内容を公表するため、漏洩リスクは高まるが、他社や大学などの研究機関といった外部との協業やライセンス供与に生かしやすい。後者は逆に参入障壁を維持するため、秘匿すべきだと考える(上図参照)。

 類似技術を有する競合他社の状況や、市場の成熟度合い、脱炭素化やデジタルトランスフォーメーション(DX)といった世の中の変化などを踏まえ、タイムリーに施策を実行するのがキヤノンの知財戦略である。

「あなたの技術を100億円で買いたい」

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2759文字 / 全文3783文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「「経済安保」国益を守る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。