食料安全保障の観点から水産物の安定供給を考える上で、今後の切り札となるのが養殖業と、ゲノム編集など育成技術の発展だ。国内でも養殖業は伸びる余地が十分あるとみて、商社やベンチャー企業、飲食店などが参入している。漁獲量が減少する中、養殖への期待は高まる一方だが、緒に就いたばかりの事業も多い。餌代などが高騰する中、消費者に受け入れられる価格をどう設定するかなど手探りな面も多い。養殖の進化は漁業を救えるのか――。

■連載予定(タイトルや回数は変わる可能性があります)
税金投入で小麦価格維持の矛盾、「9割輸入依存」の痛恨
逆風の国産小麦を救え、敷島製パン盛田社長の奮闘
「安すぎるコメ、消える農家」大手卸の神明、藤尾社長の焦燥
アイリスオーヤマ、家電ノウハウでコメ再興 大山会長に聞く
海外から農産物、買えないリスクを直視せよ 江藤拓元農相に聞く
モー大変、牛乳が余ってもチーズにしにくいジレンマ
水産大国陥落、「サンマ1匹1万円」の裏に日ロ関係悪化が
・漁業を救え、近大マグロからフグ、タイのゲノム編集まで(今回)
・和牛、飼料コスト高が直撃
・昆虫食、普及のカギは見た目
・ポンジュースの危機 ミカンが消える
・大企業は農家の脅威か ローソンとセブン
・ブランド化のEC産直、ギリギリの卸売市場
・日本農業の夜明け、3つの提言

 「京都大学の(ゲノム編集技術を駆使した)『22世紀ふぐ』です。いかがですか」。8月上旬、東京・千代田にある商業施設「有楽町マルイ」の特設会場で、京都大発のスタートアップ、リージョナルフィッシュ(京都市)の東郷祥子さんが声を掛けた。

 フグを試食した30代女性は「特有のプリプリとした食感とうまみがあっておいしい。フグは冬に食べるイメージだったが、年中食べられるなら、それはそれでうれしい」と笑顔で話した。評判は上々で、1日130人が試食した日もあるという。

都内の商業施設の特設会場でゲノム編集魚の「22世紀ふぐ」を販売するリージョナルフィッシュの東郷さん
都内の商業施設の特設会場でゲノム編集魚の「22世紀ふぐ」を販売するリージョナルフィッシュの東郷さん

反対派への理解が課題

 リージョナルフィッシュは、京都大と共同開発したゲノム編集技術で養殖したフグやタイを生産・販売している。ゲノム編集は遺伝子(DNA)の一部を変え、品種改良する技術だ。タイなどでは、筋肉の成長を抑える特定のDNAを切断し、切り取った個体同士で交配させ、肉厚の品種を誕生させる。フグは出荷までの期間が約半分に短縮し、飼料利用効率が約4割改善したという。

 今はインターネットでの販売が中心だが、今後店頭販売も強化したい考え。ネットでの22世紀ふぐは1セット(2人前)が送料込みで7500円。決して安くはないが、価格に関しては「消費者の反応、需要動向を見極めている段階」(同社)だ。

ゲノム編集については、生物がもともと持つ遺伝子を働かせなくする「欠失型」の改変が行われている。この変化は自然界でも起こり得るものだが、食の安全性への懸念や生態系への影響を心配する声は根強い。
ゲノム編集については、生物がもともと持つ遺伝子を働かせなくする「欠失型」の改変が行われている。この変化は自然界でも起こり得るものだが、食の安全性への懸念や生態系への影響を心配する声は根強い。
[画像のクリックで拡大表示]

 そんな中、リージョナルフィッシュが研究拠点に置く京都府宮津市は、22世紀ふぐをふるさと納税の返礼品として採用した。これに対し、ゲノム編集食品に反対する同市の市民団体から、懸念の声が上がった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2790文字 / 全文3989文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「「経済安保」国益を守る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。