「Pasco」の商品名で知られる敷島製パン(名古屋市)は、国産小麦の普及をリードしてきた。ほんの10年前までパン用の国産品種は限られていたが、増産に力を注いできたのは盛田淳夫社長だ。

■連載予定(タイトルや回数は変わる可能性があります)
税金投入で小麦価格維持の矛盾、「9割輸入依存」の痛恨
・逆風の国産小麦を救え、敷島製パン盛田社長の奮闘(今回)
・コメ安値に「待った」、神明・藤尾社長の真意
・アイリスの大山会長、家電ノウハウでパックご飯増産
・海外から食品買えないリスク 江藤元農相インタビュー
・モー大変、牛乳とチーズのジレンマ
・酪農DXで働き方改革、ファームノート
・和牛、飼料コスト高が直撃
・昆虫食、普及のカギは見た目
・サンマ1尾で1万円時代
・ゲノム編集&養殖の進化は漁業を救うのか
・ポンジュースの危機 ミカンが消える
・大企業は農家の脅威か ローソンとセブン
・ブランド化のEC産直、ギリギリの卸売市場
・日本農業の夜明け、3つの提言

 「この小麦をもっと日本でつくってもらえませんか」。敷島製パンの盛田淳夫社長は14年前、国の農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)に直談判していた。国産小麦は国内消費全体の1割にすぎないが、食品企業にとって欠かせない。2007~08年に世界の穀物相場が高騰した際、「輸入に頼りきりでは危険だと痛感した」という。さらに現代史を振り返ると「1973年には米ニクソン政権が大豆を禁輸した事例があり、大国でさえ穀物を供給できなくなるリスクには備えが必要」とみる。

 このとき盛田社長が生産を求めた品種は、現在のパン向け国産小麦として人気ナンバー1といえる「ゆめちから」に変身した。当時はまだ「北海261号」という素っ気ない名前で、「他の実験的な品種と共に消える可能性も濃厚だった」(盛田社長)。

敷島製パン社長、盛田淳夫氏:1954年名古屋市生まれ。ソニー(現ソニーグループ)創業者の盛田昭夫氏は親戚。77年に成蹊大学法学部卒、日商岩井(現双日)入社。82年敷島製パン入社、98年に第5代社長に就任。同年から発売した「超熟」を食パン市場での首位ブランドに育て上げた。2008年からは国産小麦の普及に取り組んでいる。(写真:的野弘路)
敷島製パン社長、盛田淳夫氏:1954年名古屋市生まれ。ソニー(現ソニーグループ)創業者の盛田昭夫氏は親戚。77年に成蹊大学法学部卒、日商岩井(現双日)入社。82年敷島製パン入社、98年に第5代社長に就任。同年から発売した「超熟」を食パン市場での首位ブランドに育て上げた。2008年からは国産小麦の普及に取り組んでいる。(写真:的野弘路)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1575文字 / 全文2344文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「「経済安保」国益を守る」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。