米国が官民を挙げて量子コンピューターの開発に邁進(まいしん)する。国力を左右し得るだけに、中国の後塵(こうじん)を拝するわけにはいかない。「科学技術力で世界一でなければならない」とする、東西冷戦時代からの「伝統」が米国を突き動かす。

【ラインアップ】
(1)量子技術を社会実装へ 日本の逆転の布石は打たれた
(2)量子コンピューター開発はこれから 諦めないNECと富士通
(3)量子に会社の将来を懸ける東芝 NTTも標準化争いに名乗り
(4)図解で分かる量子技術 量子コンピューターはどのように計算する?
(5)量子が分かるこの5冊 基礎知識からビジネスアイデアまで
(7)QXの現場 NECフィールディング、量子で配送コスト30%減
(8)日本惣菜協会、清水建設…DX遅れる現場で量子計算をどう生かす
(9)損保ジャパン、SMBC…金融でも量子活用 リスク分析や不正検出
(10)尾原和啓氏「未来の進化は圧倒的 量子技術どう生かすか想像を」
(11)米IBM研究トップ「量子コンピューターは新次元の発明だ」
(12)「日本の研究者の質は高い」伊藤公平慶応義塾長・量子検討WG主査
(13)ケネディ政権の伝統継ぎ米国が量子開発急ぐ、中国の後塵許されず(今回)
(14)日の丸量子技術で巻き返し、トップ研究者「技術的課題を突破する」
(15)「もうけ続ける仕組みつくれ」量子議連・大野敬太郎衆院議員
(動画)1分でサクッと分かる 量子コンピューターの世界
(動画)6月27日号特集「量子の世紀」を担当記者が解説

 1962年9月12日、米ライス大学のフットボールスタジアム。強い日差しの下、演壇に立つジョン・F・ケネディ米大統領に全聴衆の視線が注がれていた。演説が中盤に差し掛かり、ケネディは後世に残る有名な「宣言」を口にする。

 「われわれは60年代のうちに人類を月に送る。簡単ではない。困難だからこそ挑戦するのだ」

 聴衆の心は震えたに違いない。

1962年に米ライス大学の講演で有人月面探査の意義を語るジョン・F・ケネディ大統領(写真:Science Source/アフロ)
1962年に米ライス大学の講演で有人月面探査の意義を語るジョン・F・ケネディ大統領(写真:Science Source/アフロ)

 東西冷戦が真っ盛りの当時、米政府は共産圏を率いていたソビエト連邦と、有人宇宙飛行を筆頭に、核エネルギー、超音速飛行などのさまざまな先端科学技術で激しい開発競争を繰り広げていた──。

 それから半世紀余り。世界の覇権を争う2つの超大国は、いつの時代も威信をかけて科学技術競争を繰り広げる宿命にあるのかもしれない。

中国こそ「唯一の競争相手」

 90年代初頭に崩壊したソ連に代わって、現在、米国のバイデン政権は「唯一の競争相手」と見なす中国と対峙する。米中新冷戦下で人工知能(AI)やバイオ医療、半導体などの多くの先端科学技術でつばぜり合いを演じる。その中でも量子コンピューターは米中両政府が開発を強力に後押しする最重要技術の一つだ。

 世界最高性能の量子コンピューターを自国で開発できれば、その能力をフル活用して化学から医薬、金融、防衛まで幅広い産業で競争力を高められると期待される。自国の量子コンピューターを他国の企業に依存させることで、国際的な影響力も強まる。

 そんな国力を左右し得る量子コンピューターの技術力で中国が今、先頭を走る米国を猛追している。

 「中国は(超電導と光子という)2つの技術ルートで量子超越性を達成した世界で唯一の国となった」。2021年11月、中国国営の新華社通信は、国家的プロジェクトの成功をこう喧伝(けんでん)した。「量子超越性」とは、量子コンピューターが最先端のスーパーコンピューターの性能を上回ること。中国は超電導回路で量子ビットを実現する方式の量子コンピューターと、量子ビットに光子を使う方式の量子コンピューターのそれぞれで量子超越性を実証したという。

 もともとは米グーグルが先に量子超越性を達成したと発表していた。特殊な問題に限られるものの、19年に「スパコンで1万年かかる計算を、超電導方式の量子コンピューターを使って3分20秒で解いた」と発表し、科学界を驚かせた。