量子コンピューターの開発を世界的にリードしてきたのは米IBMの研究部門、IBMリサーチだ。そのトップに立つディレクターのダリオ・ギル氏が、量子コンピューターをはじめとする先端技術がもたらす未来を熱く説く。

(聞き手:出雲井 亨)

【ラインアップ】
(1)量子技術を社会実装へ 日本の逆転の布石は打たれた
(2)量子コンピューター開発はこれから 諦めないNECと富士通
(3)量子に会社の将来を懸ける東芝 NTTも標準化争いに名乗り
(4)図解で分かる量子技術 量子コンピューターはどのように計算する?
(5)量子が分かるこの5冊 基礎知識からビジネスアイデアまで
(7)QXの現場 NECフィールディング、量子で配送コスト30%減
(8)日本惣菜協会、清水建設…DX遅れる現場で量子計算をどう生かす
(9)損保ジャパン、SMBC…金融でも量子活用 リスク分析や不正検出
(10)尾原和啓氏「未来の進化は圧倒的 量子技術どう生かすか想像を」
(11)米IBM研究トップ「量子コンピューターは新次元の発明だ」(今回)
(12)「日本の研究者の質は高い」伊藤公平慶応義塾長・量子検討WG主査
(13)ケネディ政権の伝統継ぎ米国が量子開発急ぐ、中国の後塵許されず
(14)日の丸量子技術で巻き返し、トップ研究者「技術的課題を突破する」
(15)「もうけ続ける仕組みつくれ」量子議連・大野敬太郎衆院議員
(動画)1分でサクッと分かる 量子コンピューターの世界
(動画)6月27日号特集「量子の世紀」を担当記者が解説

ダリオ・ギル氏。77年の歴史を持つ米IBMの研究部門、IBMリサーチで12代目のディレクターを務める(写真:的野 弘路)
ダリオ・ギル氏。77年の歴史を持つ米IBMの研究部門、IBMリサーチで12代目のディレクターを務める(写真:的野 弘路)

IBMリサーチは、量子コンピューターの開発に注力してきました。なぜですか?

IBMリサーチのダリオ・ギル・ディレクター(以下、ギル氏):量子コンピューターは、間違いなく世界で最も重要な技術の一つです。というのも、史上初めて登場した、コンピューターの全く新しいカテゴリーなのです。現在私たちの身の回りにあるコンピューターは、すべて同じ仕組みで動いていますが、量子コンピューターは根本的に異なります。

 これを移動に例えてみると、人類は自転車や自動車、電車とさまざまな移動手段を生み出し、より遠くにより速く移動できるようになりました。これはある意味、従来の技術を進化させたものです。ところがある時、私たちは全く新しい移動手段を手に入れます。それが「空を飛ぶ」という方法です。これは完全に新しいカテゴリーです。空を飛ぶことにより、単にA地点からB地点に陸上を移動するだけではなく、月やほかの惑星にも到達できるようになるのです。

 量子コンピューターも同様で、従来の計算をより早く実行できるだけでなく、従来のコンピューターには不可能だった、新たな課題を解けるようになるでしょう。ここが量子コンピューターの最もエキサイティングなところです。

生命から自動車まで応用範囲広く

量子コンピューターはどのように世の中を変えていくでしょうか。

ギル氏:応用分野の一つは、分子レベルの小さな世界のシミュレーションです。化学、物理、材料工学、そして長い目で見れば生命科学も対象となります。ご存じの通り、極小の世界は量子力学に支配されています。古典的コンピューターでは近似的な計算はできても、正確なシミュレーションはできません。でも量子コンピューターであれば、小さな世界を革新的な形でシミュレートし、理解できるようになるでしょう。産業面では、化学、エネルギー、自動車など、幅広いセクターが関係してきます。

 もう一つの応用分野は数学の世界、例えば機械学習や暗号技術などです。ビジネス面では、通信のセキュリティーや膨大なデータの分析、組み合わせの最適化といった課題の解決において、飛躍的な進歩が期待できます。これらは半導体や人工知能(AI)と同じように、広く水平展開できる技術ですから、すべての産業セクターに影響することになります。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4933文字 / 全文6537文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「量子コンピューター革命~DXの先にあるQX」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。