なぜ日本には、ユニコーン企業(企業価値10億ドル以上の未上場企業)が生まれないのでしょうか。それは、スタートアップ企業が生まれにくいだけではなく、銀行家やリード株主が機能していないからだと名和高司氏と楠木建氏は言います。『資本主義の先を予言した 史上最高の経済学者 シュンペーター』を切り口に、イノベーションやそれを取り巻く日本の経営について、さまざまな視点から対談していただきました。その後編。
(対談前編から読む)

日本の銀行家は、かつての「番頭」

楠木建氏(以下、楠木):名和さんの著書『資本主義の先を予言した 史上最高の経済学者 シュンペーター』を読んで改めて学んだのは、イノベーションの担い手であるアントレプレナー(起業家)は、経済的リスクを取るリスクテイカーではない、ということです。経済的リスクを取るのは、資本を提供する銀行家の役割で、アントレプレナーの役割は、内発的動機で捨て身になって事に当たることだ、と。

日本はスタートアップの上場のタイミングが早すぎると語る楠木氏(写真:稲垣純也、以下同)
日本はスタートアップの上場のタイミングが早すぎると語る楠木氏(写真:稲垣純也、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

名和高司氏(以下、名和):銀行家からお金を集める「番頭」的な存在もアントレプレナーに必要不可欠で、むしろ彼らも銀行家だと言えます。日本の代表的なアントレプレナーである松下幸之助にも本田宗一郎にも番頭がいて、彼らが銀行からお金を集める役割を担っていました。番頭は組織の中に存在していて、かつて明治や昭和の時代にはこのペアが機能していたんです。だから、松下幸之助も本田宗一郎も数々のイノベーションが起こせたのでしょう。番頭がいるから、アントレプレナーはリスクを考えずに、イノベーションの実現に向けて思い切り飛ばすことができたわけです。

楠木:なるほど。ということは、近年、本物のアントレプレナーが出てこない裏には、番頭不在という問題が隠れているんですね。

名和:その分、現代の銀行家に頑張れ、と言いたいですね。ベンチャーキャピタルの場合、投資先は上場して終わりにしてしまいますよね。イノベーションで大事なことはその先で、市場に大きくスケールすることなのに。

楠木:上場後も、長期的に支援するリード株主のような存在は、日本にはいないんですよね。そもそも、日本はスタートアップの上場のタイミングが早すぎる印象もあります。スタートアップがブームになってきているからか、すごく小粒な企業が上場して、その後成長することもスケールすることもないという……。

楠木建(くすのき・けん)一橋ビジネススクール教授<br>1964年、東京都生まれ。89年、一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。一橋大学商学部助教授および同イノベーション研究センター助教授などを経て、2010年より現職。専門は競争戦略とイノベーション。著書に『ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件』『「好き嫌い」と経営』(以上、東洋経済新報社)、『絶対悲観主義』(講談社)など多数。
楠木建(くすのき・けん)一橋ビジネススクール教授
1964年、東京都生まれ。89年、一橋大学大学院商学研究科修士課程修了。一橋大学商学部助教授および同イノベーション研究センター助教授などを経て、2010年より現職。専門は競争戦略とイノベーション。著書に『ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件』『「好き嫌い」と経営』(以上、東洋経済新報社)、『絶対悲観主義』(講談社)など多数。
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ 自分たちが一流でなければ一流の相手とは組めない