ビジネスパーソンや企業にとって「イノベーション」は大事だといわれますが、そもそもイノベーションの本来の意味を知っている人はどのくらいいるのでしょうか。日本人はイノベーションの本質を知らずに、高い技術力や魅力的な商品を持ちながらも、競争力を失っているのではないでしょうか。「今こそ、イノベーションの父、シュンペーターの本来の思想を知るべきだ」と『資本主義の先を予言した 史上最高の経済学者シュンペーター』の著者である名和高司さんは言います。本連載では、『資本主義の先を予言した 史上最高の経済学者 シュンペーター』の一部を抜粋し、紹介します。

イノベーションには5種類ある

 経済学者のヨーゼフ・シュンペーターは、イノベーションを「これまで組み合わせたことのない要素を組み合わせることによって、新たな価値を創造すること」としています。これは「新結合」と呼ばれます。「ゼロからの創造」ではなく、「組み合わせ」を新しくすることが、大きなイノベーションを生むとしました。

 そして、「新結合」には次の5つがあると言いました。

① 新しい財(商品)の提供
② 新しい生産方式の導入
③ 新しい販路の開拓
④ 原料の新しい供給源の獲得
⑤ 新しい組織の実現

 ひとつ目の「新しい商品を作る」は分かりやすいですね。しかし、残り4つの生産、販売、調達や組織の形態も大切です。

 実はこの記述は、シュンペーターの主著である『経済発展の理論』の初版にはありませんでした。1926年の改訂版で初めて付け加えられたのです。この「5つの新結合」は、その後よく知られるようになりました。

 例えば、①の新しい財(商品)の提供です。馬車から馬を外してエンジンと新結合させることによって自動車が生まれました。それを車両に新結合させることによって鉄道が生まれました。シュンペーターは、「馬車をいくら繋(つな)いでも鉄道にはならない」という名言を残しています。

 また⑤の新しい組織にも、いろいろな新結合が考えられます。シュンペーターの死後、マクドナルドやセブン―イレブンなどがスケールする切り札となったフランチャイズ方式。これは、イエズス会のような古くから存在する宗教団体型の組織モデルを、飲食店や小売店に新結合させたものといえるでしょう。

次ページ 技術革新も、新しい販路と合わせて考えないと意味がない