アイデアからヒットは作り出せません。0から生み出すアイデアはゴミでしかなく、最も大切なのは今あるものを使って何かを作ることだ、と「イノベーションの生みの親」である経済学者、ヨーゼフ・シュンペーターは言います。世界を変える商品は、「すでにあるもの同士」の組み合わせの中でしか生まれません。スティーブ・ジョブズのiPhoneはまさにそうでした。経済学者の名和高司氏の新刊『資本主義の先を予言した 史上最高の経済学者 シュンペーター』から、その理由を読み解いていきましょう。

ジョブズの真骨頂は、ゼロからの創造をしなかったこと

 現代で、イノベーションの達人といえばだれを思い浮かべますか? 亡くなって10年経ってしまいましたが、スティーブ・ジョブズの名前が真っ先に挙がるのではないでしょうか? ジョブズは、まさに創造的破壊をし続けた人でした。

 アップルを立ち上げ、マッキントッシュを世に送った創業者時代。一旦追放されたアップル社に10年後に舞い戻ってから、iPod、iPhone、iPad と立て続けに新市場を開拓し続けた真のアントレプレナー時代。その軌跡をたどると、大きく3点でシュンペーター理論を忠実に実践したことが分かります。

(写真:Luis Molinero/Shutterstock.com)
(写真:Luis Molinero/Shutterstock.com)

 まず1つ目は、制約を機会ととらえたこと。ジョブズは、「(自分で勝手に思い込んだ)制約にとらわれるな」と説きます。そして、その人工的な制約を自ら破ることこそが、イノベーションのカギだと語ります。ここから「箱から出ろ(Get out of box)!」という有名な言葉が生まれたのです。言い換えると、箱、すなわち制約そのものが、イノベーションの最大の機会になるのです。

 2つ目は、過去や現在にとらわれず、未来の可能性を見続けたこと。ジョブズは、「パックがあるところではなく、パックがこれから向かうところに行け」というセリフを好んで使っていました。パックとはアイスホッケーで使う円盤状の玉です。この言葉は、往年の名プレーヤーであるウェイン・グレツキーのモットーでした。これは、味方も敵も群がる局面には突っ込まずに、広く開いているスペースに滑り出せば、そちらに玉がパスされてくるので自由にプレーできるようになるという彼の戦法を表しています。

 「過去にとらわれず、君と僕とでいっしょに未来を創ろう」という常套句をジョブズから語りかけられたら、あなたもきっとその気になってしまうことでしょう。

 そして3つ目は、ジョブズは「ゼロからの創造」をしたわけではないということです。創業期のPC(パーソナルコンピューター)は、当時、ゼロックスのパロアルト研究所で発明されていた技術を巧みに実装したものでした。また後期のiシリーズは、すでに世の中に同様の商品が出尽くしていました。

 それらの完成度を高め、他のサービスやコンテンツと新結合することによって新しいカテゴリーに仕立てたのです。実はジョブズは「後出しじゃんけん」の名手なのです。

 ジョブズの真骨頂は、ゼロからの創造ではなく、社会実装し、それを世界の新基準としてスケールさせたところにあります。

 ジョブズの例を見てわかるように、社会実装とはこれらを新しい標準(デファクト)として広く普及させることです。ここはとても大切な部分なので、次の章の「新結合」で詳しく取り上げます。ジョブズが行ったことは、まさにシュンペーターのイノベーションの定義そのものといえるでしょう。

次ページ 日本の創造的破壊を成し遂げた柳井正