「単なる投機にすぎない」「詐欺的だ」。所有者を記録できるデジタルデータ、NFT(非代替性トークン)にそんな批判を投げかける人は多い。暗号資産(仮想通貨)と共に、NFTの流通価格は急激に下落した。過熱した投資ブームが落ち着く中、顧客の囲い込みなど実ビジネスにNFTを生かす好機が到来したという考えが広がってきた。

22年7月に開催された自動車のF1シリーズ、英国グランプリで、英レーシングチームのマクラーレンは抽選でガレージツアーなどの特典を用意したNFTを販売した(写真:マクラーレン)
22年7月に開催された自動車のF1シリーズ、英国グランプリで、英レーシングチームのマクラーレンは抽選でガレージツアーなどの特典を用意したNFTを販売した(写真:マクラーレン)

 ガレージ内の車体から雷鳴のようなエンジン音が響く。英レーシングチームのマクラーレンでNFT(非代替性トークン)とデジタル権利を担当するマックス・ウォルフ氏は「今ではこの轟音(ごうおん)を聞いて、『どうやったらこれを“トークン化”できるか』と考えるようになった」と語る。

 NFTは画像や音楽などのデジタルデータに所有者を記録した暗号資産。いわば「このデータは自分の持ち物だ」と主張するための名札や証明書と言える。ビットコインなど仮想通貨に使われているブロックチェーン技術を応用し、誰がデータの所有者であるかを世界中のコンピューターで共有する。

 マクラーレンは2021年10月からレースカーなど3D画像のNFTを販売してきた。22年7月1~3日のF1シリーズ英国グランプリでは、レース会場との連動企画を展開。レーサーが着用するヘルメットやスーツの3D画像を販売し、購入者の特典として抽選でガレージに招待した。ファン垂ぜんのイベントに、SNS(交流サイト)上のコメント欄では熱狂する声が上がった。

ドライバーが装着するヘルメット、スーツ、ブーツを3Gグラフィックス化したNFTを販売した
ドライバーが装着するヘルメット、スーツ、ブーツを3Gグラフィックス化したNFTを販売した

 「NFTは共通の関心を持つ愛好者たちを結びつける鍵になる」とウォルフ氏は予見する。従来のアナログなファンクラブ会員証と異なり、デジタルという特性を生かした新サービスが展開できる。今後は没入感のあるVR(仮想現実)で新しい体験を生み出すプロジェクトも計画しているという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1419文字 / 全文2164文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「松元英樹の西海岸Techトレンド」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。