成績が良い子には、気づかずに他の子よりも「できている」ことがある。自分や周囲をモニターする力が身に付いているのだ。彼らはどんな習慣を身に付けて、自分を向上させているのか? 日経プレミアシリーズ『勉強できる子は○○がすごい』(日本経済新聞出版)から抜粋して紹介する。

自己モニタリングの習慣

 人間関係で失敗しないためには、自分の言動とそれに対する相手あるいは周囲の反応をモニターすることが必要となる。それができていないと、場違いなことを言ったり、人を傷つけるような無神経なことを言ったり、ずうずうしいことを平気で言ったりして、周囲から敬遠されることになったりする。

 同様に、学習活動で失敗しないためには、自分の理解度や学習計画や学習姿勢の適切さをモニターすることが必要となる。それができていないと、わからないことが積み重なり、いつの間にか授業についていけなくなっていたりする。

 さらには、自分がちゃんとわかっているかどうかをモニターしながら授業を聴いたり、ちゃんと理解できているかどうかをモニターしながら宿題をやったりする習慣をつけることも大切だ。

 授業中にわからないことが多いと自覚できれば、どこがわからないのか、何ができないのかをさらにモニターしたり、授業中の姿勢や宿題など家での学習姿勢に問題はないかモニターしたりすることが大切だ。

 わからないことをそのままにせず、自分で調べたり、先生や友だちに確認したりして、解決できているかどうか、自分の日ごろの姿勢をモニターすることも必要だろう。

 教科書や参考書を読むときも、ちゃんと理解できているかどうか、頭に入っているかどうかをモニターし、よくわからないところにはしるしをつけたりしながら読み進める習慣をつけることも必要だ。

 子どもの学習姿勢は友だち関係にも影響される。その意味でも、友だちを傷つけたり嫌な気持ちにさせたりする言動を取っていないかモニターすることも大切となる。

なぜ忘れ物をするのかをとことん考える

 自己モニタリングを強化するために、自分の行動や言葉について、なぜそうなってしまうのか、なぜそんなことを言ってしまうのかをモニターする習慣を身につけることが大切となる。

 自分の日ごろの様子をモニターした結果、授業に集中していない自分に気づいたら、なぜ授業に集中できないのかを考える。

 そのときの自分の心理をモニターしてみると、ゲームのことが頭から離れないとか、空想に耽(ふけ)っていることが多いとか、わからないことが多くてつまらないとか、先生が好きじゃないからやる気になれないとか、仲の良い友だちが隣にいるからついしゃべってしまうなどといった事情がわかってくる。

 宿題を忘れることが多いことに気づいたら、なぜ宿題をやらないことが多いのか、家にいるときの自分の様子をモニターしてみる。

 すると、ついゲームを始めてしまい、ゲームに集中しすぎて宿題をする時間がなくなってしまうとか、SNSに忙しくて気が散って宿題のことをつい忘れてしまうとか、友だちと遊んで家に帰ると疲れてしまい宿題をやる気力がないなどといった事情がわかってくる。

 忘れ物が多いことに気づいたら、なぜ忘れ物が多くなってしまうのか、日ごろの自分の様子をモニターしてみる。

 すると、前の日に翌日の持ち物の用意をせずに朝慌てて用意しているとか、持っていく物をメモしないため思い出せないこともあるなどといった事情がわかってくる。

 友だちと比べて自分はあまりやる気がないことに気づいたら、なぜやる気になれないのか、勉強に対する自分の思いをモニターしてみる。

 すると、どうもわからないことが多くて難しいからやる気になれないとか、面白くない勉強を何のためにやるのかわからないからやる気になれないとか、自分のためだと言われてもどういうふうに自分のためになるのかわからないからやる気になれないなどといった事情がわかってくる。

 問題点の背景にある事情がわかれば、有効な対処法もみえてくる。

次ページ 現実から目を背けても状況は好転しない