パンデミック(感染爆発)、気候変動、テクノロジーの脅威……人類の存亡を脅かすこれらの危機に立ち向かうために、いま世界は何をすべきか。ヒントは1980年代の冷戦時代にあるという。 地政学の世界的権威、イアン・ブレマー氏による書籍『危機の地政学 感染爆発、気候変動、テクノロジーの脅威』(日本経済新聞出版)より、解決策への入り口をご紹介したい。

1985年の「談笑」

 報道陣のカメラから離れ、暖炉のそばで暖まりながら、ロナルド・レーガンはミハイル・ゴルバチョフとの初めての談笑を、驚くべき質問で切り出した。

「もしもアメリカが突然宇宙から攻撃を受けたとしたら、あなたはどうしますか。我々を助けますか」

 ゴルバチョフはためらうことなく「もちろんです」と答え、レーガンもまた「我々もそうするでしょう」と相手を安心させた。この会話が交わされたのは、1985年11月19日、スイスのジュネーブでのことで、一般には知らされていなかった。

 これが公になったのは、2009年3月、ニューヨーク市のロックフェラー・センターにあるレインボー・ルームで、ゴルバチョフが聴衆を前に講演したときだ。この初めての談笑の場にいたのは、レーガンとゴルバチョフ、そしてそれぞれの通訳のみだった。

 ゴルバチョフがこの秘話を公にすると、彼の意図とはまったく異なる別の理由でニュースになった。その約5年前にレーガンは故人になっていたが、この会話がなされたとき、レーガンは既にぼけていたのではないかという議論が再燃したのだった。

 専門家たちは薄ら笑いをしながら、レーガンが気に入っていたハリウッドのSF映画はどれなのかと臆測し(『地球の静止する日』で、当時意見は一致)、レーガンを慕う多くの人々は、ゴルバチョフとのこの逸話に当惑した。

ロナルド・レーガン(左)とミハイル・ゴルバチョフ。写真は1988年の会談(写真:REX/アフロ)
ロナルド・レーガン(左)とミハイル・ゴルバチョフ。写真は1988年の会談(写真:REX/アフロ)
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ 2人の会話から何を学ぶのか