立命館アジア太平洋大学学長の出口治明さんは、「自分の経験だけで考えずに、戦争と条約締結の裏側で展開された人間模様を学ぶことが重要」という。世界史の中で結ばれた条約や勃発してしまった戦争を検証した『戦争と外交の世界史』(日経ビジネス人文庫)から一部を抜粋してお届けする。

交易の隣に戦争の歴史がある

 生活を豊かにすることの最も重要で基本的な条件、それは交易だったといっても決して過言ではないと思います。ところが交易がうまくいかない場合もあります。例えば交易を行う両者のいずれかが、自分だけ得することに固執したり、相手の物品を奪い取ったり、粗悪品を相手につかませたりすることです。

 「略奪」というと最初に思い浮かぶのは、例えば、ヴァイキングでしょうか。ヴァイキングは、スカンディナヴィア出身の海賊、と定義されることが多いのですが、もともと彼らは寒冷地帯では収穫が乏しい小麦や穀物を求めて、タラやニシンなどの魚類を交易品として舟に積み込み、北海を南下して西ヨーロッパへ、交易をするために出かけて行ったのでした。けれども粗末な毛皮などを身につけ、金髪碧眼、体が大きい北欧の人々を西ヨーロッパの人々は、なかなかきちんと相手にせず、ニシンを法外に安く値づけしたり、小麦に小砂利を混ぜたりもしました。それらのことが重なるうちに、ヴァイキングたちは事と次第によっては戦えるように武装するようになった、それが海賊などと呼ばれた原因であったと思います。

 交易がうまくいかなければ、個人の場合は殴り合いとなり、集団や国同士の場合は戦争になる。すなわち交易の歴史の隣に戦争の歴史があり、戦争を止めるためや防ぐために外交があるのです。

戦争、条約、外交の関係性

 その外交の重要な駆引きや取り決めを文書の形にして残したものが、条約です。それゆえに条約の歴史には必ずといってよいほど戦争そのものや戦争の影がある、と考えていいのではないでしょうか。

 ドイツのプロイセン王国の将校としてナポレオン戦争に参加したクラウゼヴィッツという軍事学者がいました。彼は『戦争論』というすぐれた著作を残しています。その序文に次のような文節があります。

 「戦争は政治的手段とは異なる手段をもって継続される政治にほかならない」

 この文節から「戦争とは血を流す政治であり、外交とは血を流さない政治である」という言葉が、広く人口に膾炙(かいしゃ)しています。条約とはまさに外交の申し子なのではないでしょうか。

次ページ 伊藤博文の特筆すべき外交センス