立命館アジア太平洋大学学長の出口治明さんは「自分の経験だけで考えずに、戦争と条約締結の裏側で展開された人間模様を学ぶことが重要」という。世界史の中で結ばれた条約や勃発してしまった戦争を検証した『戦争と外交の世界史』(日経ビジネス人文庫)から一部を抜粋してお届けする。

殴り合い、妥協する歴史の繰り返し

 人間は一万二千年ほど前に、支配することに目覚めました。最初は植物、次いで動物、そして金属。それから自然界のルール、朝があって夜があることや季節があることなど、それさえも自分で支配したいと思うようになります。そこから神=GODという概念も誕生したのです。当然、人も世界も支配したくなる。交易をリードするだけでは満足せず、相手の集団や国をまとめて支配したい、そういう王様や集団が登場してきます。

 BC三世紀から二世紀にかけて三次にわたって戦われたポエニ戦争は、フェニキア人の植民都市カルタゴとローマによる、地中海の制海権の争奪戦でした。どちらが地中海交易の主導権を握るかの戦争です。この結果は、過酷なほどのカルタゴ抹殺の形で終わりました。ローマ兵たちは、市民の成人男子を皆殺しにすると、カルタゴの地面に塩をまいて人が住めなくしてしまいました。両者にまったく妥協の余地はなかったのでしょうか。そういえば、これはギリシャ神話の話ですが、トロイアの戦いにおいても、トロイアの都市は跡形もなく焼き尽くされ破壊されたと記述されています。

ローマとカルタゴの戦い(絵/shutterstock)
ローマとカルタゴの戦い(絵/shutterstock)
[画像のクリックで拡大表示]

 人間の脳みそは一万二千年前のドメスティケーション(動植物の栽培化、家畜化)の後は一切進化していないそうです。ですから、頭に血が上ればいまも変わらず殴り合って、それから後悔してお互いに妥協する歴史を続けています。そして星の数ほど条約が生まれました。

 宇宙人との戦争でない限り、古今東西そしてこれからの戦争もそれと関連する外交や交渉も、人間同士で行われます。一万二千年前のドメスティケーションで人間の脳みそは劇的に進化したといわれています。けれど、前述の通り、それ以来まったく進化していないのです。それから、ずっと人間は誰かが誰かをポカリと殴り、相手は殴り返す。そのパターンを、ずっと繰り返してきました。情けないけれど、これからも繰り返されるかもしれません。

 けれど現代と過去の時代が決定的に異なる点は、核兵器という、敵はもちろん自分も滅ぼし、それだけではなく、地球を死の星にしかねない、とんでもない殺戮(さつりく)兵器が誕生したことです。このことが世界大戦を防止する楯(たて)になるかもしれませんが、その保証はどこにもありません。核兵器のスイッチを押せる人間が、地球に存在するからです。そして人間は過ちを繰り返してしまう存在です。

隣国の指導者を殴るような人を選ばない

 そこで、戦争と交渉ごとについて僕たちが心しておきたいことを、まとめておこうと思います。僕たちひとりひとりは、単なる揺れる草木の一本かもしれません。しかし、どこの国でも市民みんなが賢い草木になれば、軽はずみに隣国の指導者をポカリと殴るような支配者が、選ばれることは少なくなるように思います。

 戦争と外交の歴史は、僕たちの人生の歴史と合わせ鏡のような関係にあるような気がします。財産や恋人をめぐる争い、横暴で強欲な隣人や上役との人間関係など、それに対応する知恵もまた、戦争と外交の歴史の中に隠されています。

 職場における出世競争や恋人の争奪戦など、僕たちの人生には望まずしてケンカ状態に巻き込まれることも少なくありません。このようなとき、円満に仲直りし将来も良好な人間関係を続けていくためには、次のようなことが必要になると思います。

 もつれた糸をほぐすには、ケンカの原因を冷静に考えてお互いの非を認め合うことが大切です。それと同時に、相手の心を思いやる心遣いも大切になるでしょう。出世競争に敗れたり恋人を奪われてしまったりすると、ともすれば冷静になれず、そのために相手をきちんと正視せず、憎しみの感情で評価するなど、偏見でしか見られなくなります。これでは怨念ばかりが残って、仲直りにはなりません

次ページ 平和構築に失敗した「ヴェルサイユ条約」