東南アジア各国でオンラインゲームや通販サイト、金融事業を展開するシー。創業からわずか10年余りで、一時は時価総額が23兆円に達した。競争相手の多い分野で急成長を遂げた要因は何なのか? 大ヒットゲーム「フリーファイア」を生み出した秘訣や通販サイト「ショッピー」が成功した背景を、日経プレミアシリーズ『東南アジア スタートアップ大躍進の秘密』から抜粋・再構成してお届けする。
(注)敬称略。為替レートは2022年2月末時点。

時価総額23兆円の「アジアン・ドリーム」

 今回取り上げるシーは、米中の巨大企業になぞらえて、「東南アジアのアマゾン」とも「東南アジアの騰訊控股(テンセント)」とも呼ばれる急成長企業だ。

 シーの源流は租税回避地(タックスヘイブン)として知られるケイマン諸島に2009年5月8日に設立されたガレナ・インタラクティブ・ホールディングという持ち株会社だ。現会長兼グループ最高経営責任者(CEO)のフォレスト・リーらが創業し、本社をシンガポールに置く。創業から8年後の2017年4月に東南アジア(Southeast Asia)にちなんでSea(シー)に社名を変更。その半年後の同年10月にニューヨーク証券取引所に上場し、2021年10月には時価総額が一時、2000億ドル(約23兆円)にまで膨れ上がった。

 今や進出地域は現社名の由来となった東南アジアだけでなく、中南米、欧州にまで広がる。中国で生まれ、米国の著名大学院で経営学修士号(MBA)を取得し、今はシンガポール国籍を取得するフォレスト・リーは、アメリカン・ドリームならぬ「アジアン・ドリーム」を体現した存在で、その人生とシーの成長はアジア経済のダイナミズムを象徴する。

シーの創業者、フォレスト・リー(写真:筆者撮影)
シーの創業者、フォレスト・リー(写真:筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

なぜ事業を拡大できたのか

 ありふれたスタートアップの1つに過ぎなかったシーが、創業から10年余りで東南アジア最大の時価総額を持つ企業に成長できたのはなぜか。アマゾンやテンセントに擬せられるシーの特色はどこにあるのか。新たな国・地域や事業に進出しても発表せず、記者やアナリスト泣かせで知られるこの企業の強さを解明するため、ここではゲーム、ネット通販の主要な2事業の特徴を取り上げる。

 ゲーム事業はシーが創業後、最初に手掛けた事業だ。当初は人気ゲームの版権を買い付けて配信するプラットフォームが中心だった。実績の乏しい新興のゲーム配信プラットフォームが、事業を拡大する上で大きかったのが、中国のネット大手でゲームを主力事業の1つとするテンセントとの親密な関係だ。

 創業者のフォレスト・リーによると、まだ社員数が20人にも満たない創業期にシンガポール経済開発庁(EDB)から紹介され、それがテンセントによる出資につながった。テンセントは2019年1月時点で、シーの株式の33.4%を保有する筆頭株主だった。その後、複数回の増資やテンセント自身による持ち分の売却で出資比率は低下傾向にあるが、2022年3月末時点でも大株主としての地位を維持している。テンセントの人気ゲームを東南アジアで優先的に配信できたことが、初期の顧客獲得に大きく寄与した。

 ただ、テンセントの後ろ盾を得たことは、シーの躍進の理由の1つに過ぎない。シーの優れた点は、ライセンス契約を交わした世界の人気ゲームを、各国のゲーム利用者の嗜好に合わせて現地化するノウハウにある。開発企業に代わってゲームを現地の言語に訳し、各国の規制に合わせて内容を改変するほか、各国独自のコンテンツも加えて、利用者が受け入れやすい内容のゲームを配信する。さらに、ゲーム対戦競技「eスポーツ」の大会も各国で開き、中核となるファンの育成とゲーム人口の裾野の拡大を図っている。

最初の自社開発ゲームが大ヒット

 世界人口の1割弱、7億人が利用配信プラットフォームとしての評価を高めたシーの次の転機となったのが、2017年に発売した自社開発ゲーム「フリーファイア」だ。50人のプレーヤーが生き残りをかけて戦うバトルロワイヤルというジャンルに属するこのオンラインゲームは、シーにとって最初の、そして2022年3月時点でも唯一の自社開発商品だ。発売から5年が経過しても、世界で最もダウンロードされるゲームの1つであり続けている「お化けゲーム」だ。

 これまで1本のゲームも世に問うてこなかったシーがいきなり最初のゲームで成功したのは、配信プラットフォームの運営で得た知見や洞察を基に、東南アジア市場の特性に合った仕様を施したからだ。

 まず、通信環境が悪い地域や安価なスマートフォン(スマホ)しか持たない新興国の若者でもスムーズに楽しめるように、背景などにリアリティーを出しつつ、画像の作り込みはそこそこにしてデータ量を抑えた。また、これまでのバトルロワイヤルゲームの多くは1回の対戦が終わるのに20~30分かかったが、東南アジアのゲーマーの多くは隙間時間にゲームをしていると分析し、10~15分で完結するようにした。

 各国の有名人をゲームのキャラクターに登用するなどして、現地化も進めた。例えば、インドネシアでは一時期、利用者の半分以上が現地の人気俳優、ジョー・タスリムのキャラクターを使ってフリーファイアを楽しんだ。フリーファイアは南米やインドでも人気ゲームになったが、新興国の若者の特性を知り尽くしていることがシーの大きな強みになっている。

シーが自社開発して大ヒットした「フリーファイア」(写真:シー提供)
シーが自社開発して大ヒットした「フリーファイア」(写真:シー提供)
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ 後発のネット通販が成功した4つの要因