インドネシアで巨大通販サイトを運営するトコペディア。登録店舗数は600万で、インドネシアのアマゾン、アリババといわれる。トコペディアにはソフトバンクグループが出資し、創業者のウィリアム・タヌウィジャヤは漫画「ワンピース」を愛読するなど日本との縁も深い会社だ。その成長の軌跡と実力を、日経プレミアシリーズ『東南アジア スタートアップ大躍進の秘密 』から抜粋・再構成して解説する。
(注)敬称略。為替レートは2022年2月末時点。

「負け犬」が巨大ネット通販に

 連載第2回では、インドネシアのゴジェックが巨大スタートアップになる軌跡を創業者、ナディム・マカリムの発言などとともに見てきた。ナディムは日本経済新聞のインタビューで「負け犬」からスタートしたと話したが、インドネシアにはもう1人、「負け犬」からの挑戦で成功をつかんだ男がいる。

 ネット通販大手、トコペディアの創業者兼CEOのウィリアム・タヌウィジャヤだ。時は2009年。インドネシアでインターネットを使う人がまだほとんどいなかった時代に、トコペディアはジャカルタで静かにその産声を上げた。

 「トコペディア(Tokopedia)」――インドネシア語で店舗を意味する「Toko(トコ)」に事典を意味する「Pedia(ペディア)」を付けた――は、いわば、ネットを使ったインドネシアの店舗の百科事典だ。どこに住んでいようと、モノを自由に売り買いできる。ネットでたくさん店を集めて、そんな「当たり前」をネットで実現するためのサービスを彼は考え出した。インドネシア版のアマゾン・ドット・コム、アリババ集団と言える会社だ。

 トコペディアに登録する店の数はなんと600万に達する。日本でアマゾンに出店する中小規模の事業者の40倍近い数字だ。ジャカルタやスラバヤ、メダンなどの大都市だけでなく、ティア2、3と呼ばれるような中小規模の都市にも事業者は広がっている。

ジャカルタの地下鉄駅に展開されたトコペディアの広告(筆者撮影)
ジャカルタの地下鉄駅に展開されたトコペディアの広告(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

「ワンピース」のようにこぎ出す

 トコペディアは10年超の歴史の中で、比較的初期から日本との関係が深い会社だった。ソフトバンクグループとの関係は後述するが、2011年にサイバーエージェント系のベンチャーキャピタル(VC)から資金を調達し、2012年にはネットプライスドットコム(現BEENOS)からも出資を受けた。

 企業文化の面でも日本の影響を受けた会社だ。創業者のウィリアム・タヌウィジャヤは日本の漫画が好きで、「ワンピース」(集英社)のインドネシア語版を愛読していた。トコペディアの従業員を「Nakama(仲間)」と呼ぶのはワンピースの影響だ。ウィリアムは、「トコペディアは(主人公の)ルフィから学んでいて、ワンピースが哲学になっている」と断言する。

 2009年に会社を立ち上げたとき、資金だけでなく、人材の確保でも苦労した。インドネシアで労働人口の1割程度しかいない大卒の人材は、外資系企業や財閥など大手企業に進みたがり、立ち上がったばかりのネット通販会社など見向きもされなかった。ある大学生向けの求人説明会ではウィリアム自らがブースに立ったが、1人の応募もなかったという。

 そのときにふと「ワンピース」を思い出したという。「ルフィが海賊王になりたいと言ったら、村の全員が笑った。でも、彼は小さなボートでこぎ出した。そう、トコペディアもワンピースの海賊のようなものなのだ」。2009年にたった1人でこぎ出した会社は、10年後には3000人を超えるナカマを集める大企業に成長した。現在ではジャカルタ中心部の48階建ての高層ビルを「トコぺディア・タワー」と改称し、より多くのナカマをひきつけている。

 ちなみに、ウィリアムの密かな夢は、ワンピースの作者、尾田栄一郎と会うことだ。「私の人生を変えた漫画をどう作り上げたのか聞いてみたい」。東南アジアの、いや、世界の有力スタートアップを作り上げた彼の夢がかなう日もそう遠くはないのではないだろうか。

ジャカルタ中心部にある「トコペディア・タワー」(写真:CAHYADI SUGI/shutterstock.com)
ジャカルタ中心部にある「トコペディア・タワー」(写真:CAHYADI SUGI/shutterstock.com)
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ 孫正義から出資を取り付ける