インドネシア最大のスタートアップ、ゴジェックは、タクシー配車や食事宅配、電子マネーなど幅広く事業を展開する。200万人のドライバーを抱え、労働者の所得向上に大きく貢献。政府から「インドネシアの誇り」と賞賛された。ゴジェックの成長の軌跡、ビジネスモデルの特長などを、日経プレミアシリーズ『東南アジア スタートアップ大躍進の秘密』から抜粋・再構成してお届けする。
(注)敬称略。為替レートは2022年2月末時点。

インドネシアを変えた2つの会社

 インドネシア最大のスタートアップ、ゴジェックは2021年5月、インドネシアのネット通販大手、トコペディアとの経営統合を発表した。ゴジェック(Gojek)とトコペディア(Tokopedia)の頭の2文字ずつをとって、持ち株会社の名前をGoTo(ゴートゥー)グループとした。

 この2社はインドネシアを代表するユニコーン(企業価値が10億ドル〈約1150億円〉以上の非上場企業)で、ゴジェックは世界に40社前後しかないデカコーン企業(企業価値が100億ドル〈約1兆1500億円〉以上の巨大スタートアップ)でもある。このデカコーンのリストには、TikTok(ティックトック)を運営する北京字節跳動科技(バイトダンス、中国)や、イーロン・マスクが設立した宇宙企業、スペースX(米国)など、世界の巨大スタートアップが名を連ねる。トコペディアも統合発表直前にはデカコーン予備軍と言える資金を集めていた。

 GoToは2022年4月、インドネシア証券取引所に上場し、シンガポールのグラブに続いてユニコーンを卒業した。創業から約10年、事業を本格展開してからわずか数年で、企業価値で日本の楽天グループやサイバーエージェントを超える規模の企業が新興国であるインドネシアで生まれたことになる。

 さて、このゴジェックとトコペディアの両社は、スタートアップとして世界的に見ても規模が大きいだけでなく、インドネシアの社会を大きく変えた企業としても注目に値する。その社会的意義はほとんど革命的と言ってもいい。

 ゴジェックやトコペディアが成長軌道に乗り始めた2015年ごろから、インドネシア人の生活は大きく変わった。それは首都ジャカルタや第2の都市スラバヤなどの大都市にとどまらず、地方の小都市まで波及しつつある。

ゴジェックはインドネシア人の生活を大きく変えた(写真:Toto Santiko Budi/shutterstock.com)
ゴジェックはインドネシア人の生活を大きく変えた(写真:Toto Santiko Budi/shutterstock.com)
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ 社会問題解決のための起業