配車事業からスタートし、食事宅配や金融など東南アジアで様々なサービスを提供するグラブ。東南アジアで幅広くビジネスを展開しており、創業から10年で米ナスダックに上場を果たした。ソフトバンクグループ、トヨタ自動車をはじめ、日本企業も多数出資する。急成長の秘密はどこにあるのか? 日本企業との関係は? 日経プレミアシリーズ『東南アジア スタートアップ大躍進の秘密』から抜粋・再構成してお届けする。
(注)敬称略。為替レートは2022年2月末時点。

ナスダック上場の熱狂

 2021年12月2日夜、シンガポール中心部の高級ホテル、シャングリ・ラ。数々の重要な国際会議の会場となった1階の「アイランド・ボールルーム」に、グラブのTシャツを着た数百人の男女が集まっていた。

 この日、シンガポールの配車大手、グラブは米投資会社アルティメーター・キャピタルの特別買収目的会社(SPAC)との合併を通じて、米ナスダック証券取引所に上場する予定となっていた。

 あいさつに立った共同創業者のアンソニー・タンが壇上から語りかける。「ナスダックの歴史上、初めて東南アジアで開かれた上場式典にようこそ。今夜、東南アジアに世界のスポットライトが当たっています。東南アジアで育ったテック企業が地域の6億6000万人の人々の力になってきたことに世界が注目しています」。感極まったのだろう。あいさつは途中から涙声に変わった。

 そして、午後10時18分。会場のカウントダウンと共に取引が開始されると、約1万5000キロメートル離れたニューヨーク中心部のタイムズ・スクウェアのスクリーンには、「グラブ上場」の文字が映し出された。

 2011年にマレーシアで産声を上げたスタートアップが、世界の投資家に広く認知された瞬間だった。

グラブは2021年12月、米ナスダックに上場した(写真:グラブ提供)
グラブは2021年12月、米ナスダックに上場した(写真:グラブ提供)
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ ウーバー買収の衝撃