急成長するサービスの多くが備えている機能、それが「ネットワーク・エフェクト」(ネットワーク効果)だ。米シリコンバレーで注目の投資家、アンドリュー・チェン自身がウーバーで駆使し、投資先スタートアップに教えてきた戦略を解説した新刊『ネットワーク・エフェクト』から一部抜粋・編集して解説する。今回は、マッチングアプリのティンダーのヒットの背景を分析する。

 世界中の通勤ラッシュのバスや地下鉄、電車の中では、ヘッドフォンをつけた20代の若者たちが皆スマートフォンに夢中だ。彼らの向かいに座っていても、多少離れたところにいても、親指の動かし方で何のアプリを使っているかを推測できる。スワイプ、スワイプ、スワイプ、逆方向にスワイプ。ティンダーだ。目的地に着いて立ち上がるまでに、若い乗客たちは何十人もの恋人候補をスワイプしている。

 この風景を数値化するとものすごいことになる。本書の執筆時点でティンダーのユーザー数は数千万人規模だ。毎日20億回以上のスワイプと、1週間に100万ものマッチングが起きている。これが世界規模に可視化した出会いの総数である。

 マッチングアプリで成功するのは非常に難しい。ティンダーは例外中の例外である。マッチングアプリはネットワークの立ち上げの最難関なのだ。その理由は、サービスが超ローカルだからだ。同じ街に住んでいる人同士でも、同じ地区にいなければ会うまでには至らない。

 マッチングアプリが成功するにはユーザーの密度が重要になる。ひとつの地域でうまくいったとしても、アプリを成長軌道に乗せるには複数の地域で同時にネットワークを成立させなければならない。さらに、「40歳以上のキリスト教徒の独身者」といった特定のユーザー層を取り込めたとしても、別の層を取り込むには再びネットワークを立ち上げる必要がある。加えて、マッチングアプリの離脱率は高い。カップルが成立すると使わなくなってしまうのだ。すなわちマッチングがうまくいけばいくほど、離脱率は高くなるのである。

(写真:Shutterstock)
(写真:Shutterstock)
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ スワイプ操作はトランプから生まれた