私たちの生活の中には選択する機会があふれています。携帯電話の契約や保険、住宅ローンなど悩ましい個人の選択だけでなく、なかには地球温暖化や臓器提供者(ドナー)不足など大きな問題につながるような政府や自治体の選択もあります。果たしてその「選択」は本当に最適なのでしょうか? 行動経済学の研究でノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラー氏と米ハーバード大学ロースクール教授のキャス・サンスティーン氏による著書『NUDGE 実践 行動経済学 完全版』から一部を抜粋し、よりよい選択を「する」そして、よりよい選択を「させる」ための「ナッジ」の考え方を紹介します。1回目は、多忙な私たちを惑わせ、選択を誤らせる3つの「経験則」について。

「人間」には、最適な選択が難しすぎる

 通常であれば、人間の脳は驚くほどよく機能する。もう何年も会っていない人でも誰だかわかるし、階段から転げ落ちずに走っておりられる。なかには12カ国語を操ったり、最先端のコンピューターを改良したり、相対性理論を生み出したりできる人もいる。それでも、錯覚やだまし絵にはついついだまされてしまうだろう。

 だからといって、私たちが人間としてどこかまちがっているわけではない。人がいつ、どのように系統的にまちがうかがわかれば、人間の行動について理解を深められるのである。

 ここでは、どうして人間の判断や意思決定が、最適化にもとづくモデルの予測から逸脱するのかをくわしく説明していく。

 とはいえ、われわれは「人間は不合理だ」と言っているのではないし、人間はバカだなんて1ミリも考えていないということを強調しておきたい。むしろ問題は、「私たちはまちがえるものなのに、世の中が複雑すぎること」のほうだ。

誰もが陥ってしまう三つの認知バイアス

 私たちは日々の問題に対処するときに、便利で役に立つ「経験則」を使う。

 だが、その結果として、系統的なバイアスが生じてしまうおそれがある。この知見は、何十年も前に、われわれのヒーローである心理学者のダニエル・カーネマンとエイモス・トヴェルスキーがはじめて示したもので、心理学者の(その後、経済学者、弁護士、政策立案者など、大勢の人たちの)思考に対する考え方を変えた。2人の初期の研究では、「アンカリング」「利用可能性」「代表性」という三つの経験則、すなわちヒューリスティクスと、それぞれに関連するバイアスが明らかにされた。

 一つ目の「アンカリング」とはアンカー(自分が知っている数字やこと)を出発点として、自分が適切だと思う方向に調整していくのである。ここまではよいのだが、その調整がたいてい不十分なので、バイアスが生じてしまう。

 例えば、ある実験で、大学生に「あなたはどれだけ幸せですか」「あなたはどのくらいデートをしていますか」という二つの質問をした。この順番で質問したときは、二つの質問の相関はきわめて低かった(0.11)。しかし、順番を逆にして、デートの質問を先にしたところ、相関は0.62に跳ね上がった。

 明らかに、学生はデートの質問に刺激されると、「デート・ヒューリスティック(経験則)」というべきアンカーを使って、自分がどれだけ幸せかという質問に答えている。「あー、いつ最後にデートしたか思い出せない! これはもう、みじめにちがいない」というわけだ。

次ページ 大洪水のあとだけ「洪水保険加入者」が増える理由