幸福度を高める「Kawaii」という感情は、環境問題や社会課題を解決するパワーも秘める。これまでも物流トラックに「ハローキティ」のステッカーを貼ることで事故の件数が65%減少したり、高齢化が進むタクシー会社が活力を取り戻したりした実績が報告されている。「Kawaii」を経営に取り入れるポイントについて、書籍『Kawaii経営戦略』の共著者、サンリオエンターテイメント社長・小巻亜矢氏は「ニヤニヤする時間」だと話す。

Kawaiiがパワーの源泉に

 私が共著者となった『Kawaii経営戦略 幸福学×心理学×脳科学で市場を創造する』(髙木健一、小巻亜矢著/日本経済新聞出版)では、「Kawaii」が社員の幸福度だけではなく、生産性も上げるという事例をいくつも紹介しています。しかし、「それはサンリオだからできるのでは?」「自分の会社では想像できない」という人もいるかもしれません。実際にKawaiiをどうやって取り入れ、経営に生かしていくべきかをお話ししたいと思います。

 「Kawaiiを経営戦略に取り入れる」といっても、何も「キャラクターを使わなければいけない」ということではありません。まずは経営者の方に、「そもそも何のために経営をしているか」というパーパスを思い出してほしいと思います。

「『そもそも何のために経営をしているか』というパーパスを思い出してほしい」と話す小巻さん
「『そもそも何のために経営をしているか』というパーパスを思い出してほしい」と話す小巻さん
[画像のクリックで拡大表示]

 とはいえ、今は新型コロナウイルス禍があり、複雑な世界情勢、電力逼迫、円安……と変動がかなり激しい時代なので、自分の中に「パワーの源泉」がないと、自分と向き合うマインドになるのは難しいかもしれません。

 そんなときこそ、Kawaiiが役立ちます。例えば、会議などでいっぱいいっぱいになった頭で、ふと子どもの写真を見て気分が変わる、休日に小鳥を見ているとふっと肩の力が抜けるといったように、Kawaiiと感じる対象に触れて心理的な安全地帯にワープし、「素の自分」に戻る瞬間を持つのです。童心に帰れるような、取り繕っていない自分になれば、「そもそも自分は何がしたかったのか、どういう経営者になりたかったのか」「社員やお客様をどうやって幸せにしたかったのか」を思い出すマインドに近づきやすくなります。

 私が存じ上げているある経営者の方は、小泉今日子さんの大ファンで、ずっとポスターを自分の部屋に貼っていたそうです。「キョンキョンのことを考えるとニヤニヤしちゃうんだ」とおっしゃっていました。

 ただ、経営者になってはがしてしまったのだとか。もったいない、はがさなくてもいいのに……! と思いましたが、経営者や幹部にこそ、この「ニヤニヤする時間」が必要なんです。まずは素の自分に戻って「自分の本音を思い出す」、そこから「社員やお客様の幸福度を上げるウェルビーイング経営について考える」、「実際の経営にKawaiiを想起させるものを取り入れる」という順番をお勧めしたいと思います。

 ちなみに私のニヤニヤのスイッチは、飼っている猫ちゃんです。

 『Kawaii経営戦略』では一見、Kawaiiとは縁遠いイメージの企業が成功した実例も紹介しています。例えば、西濃運輸はハローキティとコラボレーションしました。お客様に一番多く「ありがとう」を言われたドライバーや環境に優しい運転をしたドライバーにステッカーを贈呈しトラックに貼るようにしたところ、ドライバーの安全意識が向上して事故件数が減ったり、「子どもたちに見られているから、トラックが汚れていると恥ずかしい」と美意識向上に役立ったりしたという結果が出ています。

 また、横浜市に本社を置くタクシー会社、三和交通は、ネクタイ姿で全力で踊る「TikTokおじさん」のコミカルな動画を公開しました。再生回数が数百万回に及ぶものもあります。Kawaii経営戦略にのっとってSNS(交流サイト)で認知度を高めることで、高齢化が進むタクシー業界において、若いドライバーの採用に成功しています。

『Kawaii経営戦略』では一見、Kawaiiとは縁遠いイメージの企業が成功した実例を紹介している
『Kawaii経営戦略』では一見、Kawaiiとは縁遠いイメージの企業が成功した実例を紹介している
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ 社会課題を解決するモチベーションに