幸福学、心理学、そして脳科学による調査・研究によって、「Kawaii」という感情は人の幸福度を高め、あらゆるビジネスを向上させる強力なキーコンセプトであることが分かってきた。書籍『Kawaii経営戦略』の共著者で、「Kawaii」を日本で最も体現してきたと言っても過言ではないサンリオエンターテイメント社長の小巻亜矢氏が、Kawaiiを経営に取り入れる新しい視点を紹介する。

幸福度の高い社員が生産性を上げる

 2021年、サンリオエンターテイメントはPwCコンサルティングと共同で「Kawaii研究所」を立ち上げました。『Kawaii経営戦略 幸福学×心理学×脳科学で市場を創造する』(髙木健一、小巻亜矢著/日本経済新聞出版)は、その第1弾の研究結果をまとめた1冊です。

 一見、正反対のようにも思える「Kawaii」と「経営戦略」にはどのような関係があるのでしょうか。今回はそれをお話ししたいと思います。

 まず、なぜ「かわいい」ではなく、「Kawaii」という表記なのか。

 一般的に「かわいい」「カワイイ」というと、「キャラクターがかわいい」「赤ちゃんがかわいい」「アイドルがかわいい」といった「かわいい対象のもの」を思い浮かべると思います。

 一方、この本のKawaiiは対象そのものではなく、「かわいいと感じる人の心理状態」。それがどのようにビジネスに役立つのか、どのような可能性があるかに着目しています。

小巻さんと『Kawaii経営戦略』
小巻さんと『Kawaii経営戦略』
[画像のクリックで拡大表示]

 Kawaii研究所が脳科学や幸福学、心理学の観点からKawaiiを研究したところ、それが幸福度やウェルビーイング、さらにはパーパス経営、SDGs(持続可能な開発目標)、組織でのリーダーシップにまで関係することが分かってきました。

 私自身はサンリオで長く働く中で、Kawaiiが人を笑顔にする瞬間を幾度となく目撃してきましたし、間違いなく「人を幸福にするものだ」と確信してきました。

 ただ、ビジネスの場ではどの企業も、Kawaiiや幸福といった社会的価値よりも、生産性を上げ、経済的な価値を最大化することを重視してきました。サンリオピューロランドであれば滞在時間の最大化、利益率のアップです。もちろんそれも大事ですが、車の両輪のように、いらしてくれたお客様の幸福度も大事です。はたして「来園して終わり」「グッズを買っておしまい」という瞬間的なものなのか、それとも幸福は持続するのか。

 また、それを支える社員の幸福度はどうなのか。幸福度が上がることによって、やる気や生産性のアップにつながるのか。この本ではそうした疑問を科学的に解き明かし、数多くのアンケート結果やビジネスの事例も紹介しています。

次ページ 70代男性もKawaiiを感じる