不安な時代でも、人生は続く。しかし、ひるむ必要はない。進みたい未来を自分の言葉にしたとき、必ず新たな一歩を踏み出す勇気が生まれるからだ。そして、どう生きるかは自分で決めていいのだ! シリーズ累計35万部超、『「言葉にできる」は武器になる。』の著者・梅田悟司氏の新刊『きみの人生に作戦名を。』から一部を抜粋。再編集して解説する。

やってきたことは、バラバラでいい

 やりたいことが見つからない。
 新しいことをはじめようとしても、最初の一歩が踏み出せない。
 何かはじめても、長続きしない。長続きしていることもない。

 このような悩みを抱えている人は多いのではないだろうか。

 就職活動などで自己分析に取り組むと、自分のダメさを突きつけられ、自己嫌悪へと陥ってしまう。普段、簡単な自己紹介をするだけなのに言葉に詰まってしまう。悪気なく「あなたの夢は何ですか」「得意なことを教えてください」と聞かれたりすると、自分がいかに平凡な人間かを思い知らされてしまう。

 一方で、周囲からは「好きなことをやればいい」「難しいことを考えずにやってみよう」「やってみれば意外とうまくいく」といった前向き圧力の強い言葉が並ぶ。そうかもしれないのだが、それで解決するなら誰も苦労はしない。

 かくいう私も、長いトンネルのようなモヤモヤの中を生きてきたひとりである。人生を振り返ってみると、自分でもあきれるほどにやっていることに一貫性がなく、何も長続きしなかった。

 しかしいま、不思議なことに私は、一貫した選択と生き方をしていると胸を張って言えるようになった。より正確に言うならば、一貫性のなさに嫌気を感じていた時期を超え、うっすらと感じていた自分の中にある軸に気づき、いままでの道のりを納得感をもって受け入れられている状態なのである。

 なぜこのような気づきを得られたのか。自分の中に生まれる内なる言葉と向き合い続けた結果、大発見をしたのだ。「やってきたことの一貫性」と「信念の一貫性」は別物である。やってきたことはバラバラに見えても、それぞれは私の意志や興味に従って行動を起こしてきた。私は私のことを、やってきたことではなく、信念の一貫性で評価することにしよう。

 この気づきは私を救ってくれたと言っても過言ではない。両者を区別して捉えることで、何も続かない一貫性のなさという呪縛から解放された。より深い自己理解の重要性を感じることで、出来事や行動に目を奪われることなく、その前後にある「きっかけ」と「学び」を含めた一連の経験を振り返るようになった。

どう生きていくかは自分で決めていい!(写真/Shuttersock)
どう生きていくかは自分で決めていい!(写真/Shuttersock)
[画像のクリックで拡大表示]

 意識的に振り返りの時間をとることで、何かを前向きに諦め、新しいことをはじめる勇気を手に入れた。そして、自分が何に貢献しながら生きていくかを、明確に描けるようになった。大げさに聞こえるかもしれないが、自分の人生のオーナーシップを取り戻すことができるようになった瞬間である。

次ページ 自分にしか気づけない「見えない一貫性」