通信販売でもおなじみの宣伝文句「5秒に1個売れている」。なんだかスゴそう……でも、これってホントに信じていいもの? どこかに嘘(ワナ)は潜んでいない? 「ビジネス数学」の第一人者・深沢真太郎氏の新刊『数字にだまされない本』(日経ビジネス人文庫)から一部抜粋してお届けする。

広告でおなじみのあのコピー

 「5秒に1個、売れています!」

 あるショッピングモールで買い物をしていたとき、こんなキャッチコピーが書かれたポスターを遠目に見つけました。

 そこは主に女性向けの化粧品が並んでいるショップ。
 ポスターが掲示されている前にはその商品が大展開されていました。

 ここで問題です。

 私はこのコピーを見た瞬間、すぐにポスターに近づき、あるものを探し始めました。
 さて、いったいそれは何でしょう。

 あなたも化粧品やサプリの広告などでこのような数字を使ったコピーを見た(聞いた)ことがあるでしょう。

 「めっちゃ売れている」「爆速で売れている」では具体的にどれくらいなのか伝わりません。
 「5秒に1個売れている!」というコピーはビジネス的にはきわめて効果的な表現といえます。

 ただ、正直「本当にそうかなあ?」とも思う表現ですよね。
 あなたはこの数字をどのような視点で疑いますか。
 ぜひ想像してみてください。私の答えは後ほどご紹介します。

数字ではなく「定義」を疑う

 ひとつ大事なことをお伝えします。

 よほどモラルの欠如した組織・人でなければ、ビジネスにおいて「虚偽」の数字を使うことはありません。
 ウソだとしたらいずれ大問題になり、その企業(ブランド)にとってリスクでしかありません。

 おそらくここでの「5秒に1個売れている!」も、ウソをついているわけではないでしょう。

 では、いったい何を疑うのか。

 その数字の定義や前提です。

 先ほどのポスターですが、私はコピーを見た瞬間、ポスターに近づきあるものを探しました。
 「5秒に1個」の定義あるいは前提です。

次ページ 大事なことは小さく書かれている