マーケットデザインやマッチング理論の研究で輝かしい国際業績をあげてきた小島武仁教授。2020年、スタンフォード大学から東京大学に移籍、東京大学マーケットデザインセンター(UTMD)を立ち上げ、保育園選択や新入社員配属のマッチングアルゴリズムなど数々の社会実装を実現しつつある小島教授に今後の展望を聞く。『使える!経済学 データ駆動社会で始まった大変革』 から抜粋・再構成してお届けする。

実学志向を持ちつつ理詰めでアプローチ

──小島先生が経済学を学び、マッチング理論やマーケットデザインを研究テーマに選んだきっかけを教えてください。

 私の経歴の特徴としていえることは2つあります。1つはもともと数学や物理学など理詰めで考える学問が好きだったことです。大学入学当初は理系の学部へ行こうと考えていましたが、途中で経済学に転向しました。それまで、社会の勉強とは既存の制度や社会の仕組みを覚えることだと考えていた私は、数学的なツールを使って、理論的に制度や社会の仕組みを作れるということに衝撃を受けたのです。こうした実学志向を持ちつつ理詰めで考えるというアプローチは、マッチング理論やマーケットデザインという現在の研究テーマにもつながっています。

 もう1つは海外経験が長いことです。米国のハーバード大学で学位取得後、スタンフォード大学で10年ほど教えていました。学部時代は松井彰彦先生(東大教授)のもとで主にゲーム理論を学び、マーケットデザインに興味を持ったのはハーバードに行ってからです。

UTMD立ち上げ、社会実装に手ごたえ

──最近の活動・研究の進展について、お聞かせください。

 2020年、スタンフォードから東大に移籍して大きく変わったのは、社会実装により深くコミットするようになった点です。東大に移る際に「東京大学マーケットデザインセンター(UTMD)」の立ち上げの話があり、その際に多くの組織的補助をいただくことになったのが大きな転機になりました。

 社会実装にはスタンフォード時代からずっと興味があって、日本の事例に着想を得た研究論文もいくつか書いていたのですが、個人でそれを実践するのは難しいと考えていたのです。そのタイミングで、UTMDのお話をいただいたことが1つの大きな転機になりました。

 経済学の社会実装は我々のUTMDで積極的に進めています。例えば、日本の医療機器メーカーのシスメックス社では、人事分野での実装を進めており、新入社員の配属などにマッチングアルゴリズムを活用しています。これらの実例をもとに、有用なデータも得られたので、今後はもっと大規模な実装を計画中です。

 また、保育園の待機児童問題にも取り組んでいて、最近、研究知見の一部を東京都多摩市に採用していただけることになり、いよいよ実装段階に入って、手ごたえを感じているところです。

──経済学の社会実装は、今後どのような形で進むでしょうか。

 いまは社会実装を進めるうえでとてもいいタイミングだと感じています。手前味噌になりますが、私がセンター長を務めるUTMDには多くの企業から相談が寄せられています。また、我々のセンターのチームに限らず、社会実装に関わる経済学者も増えつつあるので、社会実装はこれからぐっと進むのではないでしょうか。当然ながら、この領域はこれまで以上に、研究者と官民の個人や組織が一緒になって取り組む流れが加速するはずです。

次ページ 博士号取得者を積極採用するGAFAM