「あなたの強みは何?」と聞かれたら、あなたは何と答えますか? もしこの質問に、言葉が詰まってしまうなら、あるいは、10年前と同じ答えをしようとしてしまうなら、今こそ、「強み」についての考え方を変えたほうがいいかもしれません。『「本当の強み」の見つけ方「人生が変わった」という声続出の「自己価値発見トレーニング」』の著者・福井崇人氏と、ファンを大切にしファンをベースにして中長期的に売り上げや事業価値を高める「ファンベース」を提唱する佐藤尚之氏が、不安の時代に自分とポジティブに向き合い、自信を取り戻す方法を語り合います。後編は「場所や環境の変化が価値観や行動に与える影響」について。
(前編から読む)

「身を置く場所」が人をつくる

佐藤尚之氏(以下、佐藤):福井さんは生まれも育ちも関西で、大学進学から地元を離れたんですよね。僕は生まれも育ちも東京ですが、電通に就職して関西配属になったことで、関西に行きました。

佐藤尚之(さとう・なおゆき)<br>コミュニケーション・ディレクター。株式会社ツナグ代表。株式会社ファンベースカンパニー取締役会長。大阪芸術大学客員教授。1961年生まれ。85年電通入社。コミュニケーション・ディレクター/クリエイティブディレクターとして数々のコミュニケーション開発に従事し、2011年に独立。著書に『ファンベース』(ちくま新書)、『明日の広告』(アスキー新書)、『明日のプランニング』(講談社現代新書)、『ファンベースなひとたち』(日経BP)など。(写真=尾関祐治、以下同)
佐藤尚之(さとう・なおゆき)
コミュニケーション・ディレクター。株式会社ツナグ代表。株式会社ファンベースカンパニー取締役会長。大阪芸術大学客員教授。1961年生まれ。85年電通入社。コミュニケーション・ディレクター/クリエイティブディレクターとして数々のコミュニケーション開発に従事し、2011年に独立。著書に『ファンベース』(ちくま新書)、『明日の広告』(アスキー新書)、『明日のプランニング』(講談社現代新書)、『ファンベースなひとたち』(日経BP)など。(写真=尾関祐治、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

福井崇人氏(以下、福井):「電通関西(電通の関西支社)」ですね。結構長く関西に行かれていましたよね。

佐藤:15年間です。関西は、親戚も友人も誰もおらず、まったく未知の土地でした。3代江戸っ子の僕は、最初は「会社辞めようかな」と思うくらい行くのがイヤでした。当時はまだテレビに関西のお笑いの人も今ほど出ておらず、とにかく慣れませんでした。異文化すぎました。でも、関西配属になったのは、結果的にはものすごいよかったです。あれがなかったら偏狭な東京人のままだったと思う(笑)。

 なんというか、関西ってまずは「自分を落とす」じゃないですか。そこからコミュニケーションが始まる。つまり「ボケ」の文化ですよね。「自分はアホや」というところをまず見せて、そして相手にツッコんでもらってコミュニケーションが始まるわけ。そういうコミュニケーションがまったくできない東京人の僕は、関西配属でその強烈な洗礼を受けるわけですよ。東京人は自分を落とさないですよね。自分を笑えないんです。つまりボケられない。僕も最初まったくできなかった。そういう人はバカにされるというか、相手にされない。「尚之くん、このごろようやくちょこっとおもろくなってきたなぁ」とか言われるのに7、8年かかりました(笑)。

福井:かっこいいとか美しいとかよりも、「おもろい」のが一番評価が高い文化ですね。家でも学校でも会社でも、自分をさらけ出して笑いを取った人が人気者だし、モテる。

佐藤:それまで僕は自分でボケて自分を笑うなんて、したことがなかったから。そういうところが、向こうからしたら子どもに見えたのかもしれないけど、かなりいじられました。でも、「自分を笑う」って、相当大人のコミュニケーションですよね。成熟していると思います。それを身をもって学べたのはありがたかったなぁ。7、8年かかってやっとボケられるようになったら周りの人もツッコんでくれるようになって、それからはとにかく会話がおもろくなりました。関西時代の最後の頃(15年たった頃)は割と「おもろい人」になれた気がしています。

 その後、東京に戻ったときには今度はそのノリが抜けなくて、とにかくまずはボケるんだけど、今度は東京人、誰もツッコんでくれなくて、ボケた言葉が無情にもその辺を漂うんですよ(笑)。そしてまた「アレ?」ってなったりしていました(笑)。

福井:その冷ややかな目、分かります。怖くて、ボケられなくなりますよね。

佐藤:そう。で、東京に合わせてコミュニケーションを変えていったら、今度はたまの関西出張で当時のみんなに会うと、「またお前、おもろくなくなったな」と言われたりして(笑)。

 福井さんの新刊『「本当の強み」の見つけ方』にもあるけど、場所って、本当にその人をつくりますよね。同じ人でも場所によって態度が変わることも含めて、場所の力は大きい。

福井:自分が生まれ育った場所や普段過ごしている場所、そこにいる人たちを捉え直すだけでも、自分自身を深く知るヒントになりますから。場所が人をつくるのは、間違いないと思います。

佐藤:1995年に個人サイトを作って文章を毎日のように書いていたんだけど、なんというか「自分をさらけ出して書けた」んですね。だから人気サイトになっていった。これは関西に行ったおかげだなぁと思います。場所の力というか。東京にいたままだったらさらけ出せなかったなぁと怖くなります。関西に行って本当によかった。

福井:私は大学進学で金沢に行って、就職で東京に来ました。就職したばかりの頃、東京は洗練されていてかっこいいと思いましたね。

 ただ、人と人との距離が離れているような気がしました。電車の中で聞こえてくる何気ない会話が、それまで私が聞いてきた会話と違う。ホームシックもあったのかもしれませんが、気取っているように思えてしんどいこともありました。慣れるまでに3年はかかりましたね。

佐藤:大阪に慣れるのに7年かかった僕より、適応能力が高いですね(笑)。

次ページ 会社を辞めて、初めて変わった「視点」