新連載「あの話題書の著者が今、伝えたいこと」。最初の登場は著書 『天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ』(日本経済新聞出版)が13万部のベストセラーとなった北野唯我さん。刊行から少したった今、北野さんは何を考えているのか。3回目は我が国の現状やこれから書いてみたい本について聞いた。

学生起業家に期待

──編集部(以下、──) 『天才を殺す凡人』を刊行されたのが2019年。その後、新型コロナウイルスの流行、ロシアによるウクライナ侵攻と世界は大きく変わりました。今の日本の状況をどう思いますか。

北野唯我さん(以下、北野) 生きづらい世の中になってきていると思います。でも、ネガティブなことばかり言っていても始まらないので、1つ明るい可能性をお話ししましょう。これからの時代、日本でも「学生起業家」が注目されると思います。

 世界を見ると、新しいイノベーションは学生起業家から生まれています。GAFAMではジェフ・ベゾス以外すべて学生起業家が創業しています。日本では江副浩正さんや孫正義さんがいますね。

 これまでの日本だと、いくら優秀な学生起業家が出てきたしても、「悪目立ちしてつぶされる」状態でした。まさに凡人が天才を殺していました。しかし、今は国内のベンチャー投資家のレベルが上がり、学生起業家やスタートアップに対する風向きが変わりました。日本からまったく新しいビジネスが生まれる可能性もゼロではないと思います。

 日本はもっと変わっていかないと、優秀な学生が海外や外資系に流れてしまいます。僕が取締役を務めるワンキャリアの就活サイトでも、多くの学生が外資系コンサルティング会社を第1志望にしています。

「日本企業と外資系企業の待遇に大きな差が生じています」と話す北野唯我さん
「日本企業と外資系企業の待遇に大きな差が生じています」と話す北野唯我さん
[画像のクリックで拡大表示]

日本企業と外資系に大きな差

北野 日本経済の低迷が長期化し、日本企業が初任給として支払う給与と、外資系がグローバルな水準で支払う給与とでは、明確な差が生じています。待遇と職場で得られる経験値の両面を見れば、外資系コンサルにとどまらず外資系の方が魅力的になっています。

 僕は「キャリアのメジャーリーグ問題」と呼んでいますが、日本のプロ野球では、安い年俸で獲得した選手を育成し、5年間ぐらい活躍したら、メジャーリーグに移籍させるという流れがあります。

 同様のことが日本の雇用システムで起きています。新卒で日系大手企業に入った人が会社で成果を出しても、給与がなかなか上がらないので、GAFAへ転職してしまう。すなわち日本の企業が「キャリアの育成場」と化している。

 ここ半年ほどは円安が加速し、外貨のパワーがさらに強まっています。すると、「物価の安い日本で、グローバル基準の給与がもらえるなら、めちゃくちゃコスパがいい」と、合理的に考える人が増えるでしょう。日本にいながら外資系企業で働く──「リモート出稼ぎ」が加速するかもしれません。

 日本企業の意欲のある採用担当者は、「どうやって外資に勝つか」と危機感を強めていますが、気づいていない人も多いと思います。

仮想空間が希望になるかも

──学生起業家や新卒者ではないビジネスパーソンにとっては、どんな世の中になるんでしょうか。

北野 まだまだ生きづらい世の中が続くかもしれません。社会格差もありますし。そんな中でWeb3や仮想空間は希望になるかもしれません。

 最近、聞いた話で面白かったのは、「今の地球には3つの世界がある」ということ。1つは「地球」、2つ目は「火星(宇宙)」、最後が「仮想空間」です。今の若い世代から見ると、地球上のゲームの勝敗は生まれながらにして勝敗が決まっている。誤解を恐れずに言えば、例えばGAFA創業者の子どもたちは間違いなく経済的には勝ち組となります。

 しかし、仮想空間においては、人種や性別、年齢、外見、社会的地位から自由になれます。若い世代が仮想空間に向かいたくなるのも分かる気がします。

次ページ 「SFを書いてみたい」