インターネット上の仮想空間、メタバースへの関心が高まっている。デジタル空間のメリットは? また、各社が展開するメタバースは今後どうなっていくのか。国内最大級のメタバースプラットフォーム「cluster」を運営するクラスターの代表取締役CEO・加藤直人氏に、ボストン コンサルティング グループ(BCG)の岩渕匡敦氏と苅田修氏が聞いた。連載第2回。日経ムック「BCG デジタル・パラダイムシフト」から抜粋。

第1回 「クラスター×BCG メタバースがもたらす本質的な変化とは?

メタバースがもたらす新たな人間関係

岩渕匡敦氏(以下、岩渕) 第1回のお話を聞いて私が感じているのは、自分がユーザーだとしたときになぜデジタルの世界なのか、何がそうさせるのかというところです。おそらくフィジカルの世界で満たせないものが、デジタルの中で、低いコストで実現できる。そういうことが根源にあって、デジタルで新たな市場が生まれているのかなと思いました。

加藤直人氏(以下、加藤) そういうことだと思います。映画などでもバーチャル空間は救いとして描かれていることが多いですよね。細田守監督の『竜とそばかすの姫』もメタバース空間を描いていますが、あれも主人公にとっての救いです。どうしようもない自分の生活や現状に対しての救いの場としてバーチャル空間が存在している。

 例えば、現実の生活は生まれた土地や家庭の経済状況などにひもづいていますが、バーチャル空間の中では広い部屋に住み、好きな格好ができて、なかなか会えないような人たちと自由に会える、そこに新しいコミュニティーが広がっている。だから、メタバースという概念が浸透するのです。

「バーチャル空間は救いとして描かれていることが多い」と話す加藤氏
「バーチャル空間は救いとして描かれていることが多い」と話す加藤氏
[画像のクリックで拡大表示]

 クラスターが運営する「cluster」はVR(仮想現実)版・PC版、スマートフォン版といずれにも対応していますが、やはり10代、20代のユーザーが非常に多いです。10代、20代に増えているのはそういう背景があるからではないかと思います。

苅田修氏(以下、苅田) 日本でも徐々に格差が広がって、今の生活に不満があるという人が増えています。そうした人たちが起爆剤となって、そこから広がっていくという展開なのですね。例えば、弱者という観点からすると高齢者もある意味で弱者になり得るわけで、いずれ高齢者がメタバースの空間で新しいコミュニケーションや、新しい幸せを探すということも十分あるのかなと思います。

加藤 僕の意見としても、高齢者こそメタバースを活用してほしいと考えています。相性がすごくいいと思いますね。なぜかというと、スマートフォンは画面が小さいし、抽象度の高いUI設計になっているのでシニアには操作が難しいのです。

 一方、VRやAR(拡張現実)は、ゴーグルをかぶってしまえば、身ぶり手ぶり、言葉といった直感的なインターフェースで操作ができる。また、メタバースの中では見た目や声を変えられることも大きいと思います。実際、年齢という点では、「cluster」でも、なかよくなった2人が実は10代と50代だということがありました。

 現実の空間では見た目もあるし、互いに遠慮し合ってしまうところがあります。しかし、メタバースの中は、見た目、性別、皮膚の色も含めて本当にしがらみのない世界で、そこで新たな人と人とのつながりが生まれる、コミュニティーが形成されます。シニアにこそ活用してもらいたい技術です。

「フィジカルの世界で満たせないものが、デジタルの中で、低いコストで実現できる」と言う岩渕氏
「フィジカルの世界で満たせないものが、デジタルの中で、低いコストで実現できる」と言う岩渕氏
[画像のクリックで拡大表示]

次ページ B2Cの観点で見るビジネスの変化