「こんなデカいものはムダや」

とにかく考える人だったのですか。

安藤宏基氏:創業者は確かに寝ても覚めてもインスタントラーメンの設計を考えていました。子どもでも持てるサイズか、カップは熱くならないか、しっかり直立して倒れないかなど。何回も何回も自分の手で触って確かめていましたね。実に緻密なのです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1118文字 / 全文2470文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日清食品 安藤家の挑戦」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。