宏基氏は「古い会社」を破壊

 その日清食品を押しも押されもせぬ大企業に育て上げたのは、日清食品HD社長・CEO(最高経営責任者)の安藤宏基氏(74)だ。73年に入社した後、開発部長やマーケティング部長を歴任して「焼そばU.F.O.」や「どん兵衛」のヒットを主導した宏基氏。「カップヌードルをぶっ潰せ」。85年に37歳の若さで経営トップに立った際にはこんなスローガンを掲げた。「『そんなことを言わせるためにおまえを社長にしたんじゃない』と父(百福氏)にはずいぶん叱られた」と宏基氏は当時を振り返る。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2495文字 / 全文3987文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「日清食品 安藤家の挑戦」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。