個々の思考の質を高め、行動変容を導けるか。人的資本育成のカギはここにある。人生は意思決定の連続であり、その意思決定は自らに対する「問い」と「答え」の集積だ。人生のターニングポイントには必ずその人を変えた究極の「破壊的質問」があり、いかにそうした質問を考え、投げかけられるかが行動変容の成否を左右する。『ビジネスコーチング大全』の著者で、豊富なコーチング実績を持つ橋場剛・ビジネスコーチ(東京・千代田)副社長が解説。

「質問の質」が「思考の質」を高める

 相手の思考の枠を外し、本人が考えてもみなかったような角度から投げかける、強烈なインパクトを与える質問を、私は「破壊的質問」と名づけ、長年「破壊的質問力を身に付ける」ことをテーマにした講座・セミナーを開催してきた。

 「破壊的」という言葉は、この部分だけを切り取るとネガティブな印象を持たれるかもしれないが、米ハーバード・ビジネス・スクールの故クレイトン・クリステンセン教授の名著『イノベーションのジレンマ 技術革新が巨大企業を滅ぼすとき 増補改訂版』(玉田俊平太監修/伊豆原弓訳/翔泳社)、『イノベーションのDNA〔新版〕 破壊的イノベータの5つのスキル』(クレイトン・クリステンセンほか著/櫻井祐子訳/翔泳社)でも使われた「破壊的イノベーション」へのオマージュとして使わせていただいたのがきっかけだ。

 あなたは今日も、朝起きたその瞬間から就寝するその間際まで、意識しているか否かにかかわらず、無数の「自問自答」を行っている。たとえ声には出さなかったとしても、心の中で「今日のランチは何にしようか?」「久しぶりにラーメンでも食べよう!」とか「今日の予定は何だっけ?」「あ、そうだ。商談が2件と、社内外の打ち合わせが5件予定されているんだった!」といったような「自問」と「自答」を1日中何度も何度も繰り返す。

 働く人の多くが人生の大半を仕事のために費やしており、「充実した仕事をしたい」「幸せな生活を送りたい」と願っているが、結果的に「充実した仕事に取り組める人」と「そうでない人」とに分かれてしまう大きな要因の1つは「意思決定の質」の違いであり、その違いを生むのは、「思考の質」つまり「自身に対する質問の質」の差だ。

次ページ 視座、視野、視点