西武ホールディングス(HD)に2013年、再び危機が訪れる。それまで二人三脚で経営再建を進めていた大株主の米ファンド、サーベラスが、敵対的TOB(株式公開買い付け)を仕掛けてきたのだ。後藤高志・西武HD社長はグループの結束を呼びかけ、会社を見事に守り抜いた。大勢が決した後、後藤社長の口から出た言葉は、意外にも勝利宣言ではなく、互いをたたえ合う「ノーサイド」だった。後藤社長と、帝京大学ラグビー部前監督で『逆境を楽しむ力 心の琴線にアプローチする岩出式「人を動かす心理術」の極意』(日経BP)の著者である岩出雅之氏との対談後編は、敵対的TOBという逆境をラグビー精神でどう乗り越え、成長のチャンスにつなげたかです。(写真:鈴木愛子)
(対談前編から読む)

昨日の味方が最大の敵に

岩出雅之氏(以下、岩出):私は帝京大学ラグビー部監督に1996年に就任し、大学選手権で優勝するまで13年かかりました。後藤社長は、西武グループの経営再建に着手してどのくらいで、手応えを感じましたか?

後藤高志氏(以下、後藤):僕は2005年2月に銀行から西武グループに来て、 2006年に経営改革を実行し、みんなのベクトルが同じ方向に向いていると実感できたのは、2013年ですね。だから、8年ぐらいかかりました。

後藤高志(ごとう・たかし)氏  西武ホールディングス社長。1949年東京都生まれ。72年東京大学経済学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)入行。97年、同行で起きた総会屋利益供与事件で、混乱の収拾と真相解明に尽力した改革派「4人組」のひとり。その後、みずほコーポレート銀行副頭取などを歴任後、2005年に有価証券報告書虚偽記載で上場廃止となった西武鉄道に転じて社長に就任し、再建に携わる。東大時代にラグビー部でウイングとして活躍した。
[画像のクリックで拡大表示]
後藤高志(ごとう・たかし)氏  西武ホールディングス社長。1949年東京都生まれ。72年東京大学経済学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)入行。97年、同行で起きた総会屋利益供与事件で、混乱の収拾と真相解明に尽力した改革派「4人組」のひとり。その後、みずほコーポレート銀行副頭取などを歴任後、2005年に有価証券報告書虚偽記載で上場廃止となった西武鉄道に転じて社長に就任し、再建に携わる。東大時代にラグビー部でウイングとして活躍した。

岩出:実感できるきっかけは何かあったのですか?

後藤:実は2013年というのは大変な年で、最大株主のサーベラスとの間で緊張が高まったんです。彼らはファンドですから、当然、西武HDを株式上場させて、投資した資金をエグジット(投資回収)させることを考えます。

 我々も早期に株式上場したいと考えていたので、その意味では、同じ方向を向いていました。だからこそサーベラスに株主になってもらったのですが、上場へのアプローチ方法が僕たちとは大きく異なりました。

 上場に関して我々は「フェア」にこだわった。当時、僕が関係者によく言ったのは、ゴルフに例えると、ティーからフェアウエーに球を打って、そこからオンさせなくてはいけない。上場関連の様々な法規、会社法や金融商品取引法、あるいは東京証券取引所の規則などに抵触することはOBで、当然ダメ。サーベラスもそれは同じです。

 けれども、違法ではないが、グレーな部分というのがある。ゴルフに例えれば、ラフの部分の扱いです。サーベラスは「ラフは全然問題ない」と言うが、こちらは「ラフはグレーな部分に当たり、フェアウエーじゃないとダメだ」と言い返す。我々は2004年に西武鉄道が上場廃止になって多くの方に迷惑をかけたから、コンプライアンスに関しては一点の曇りもないよう徹頭徹尾こだわった。解釈が分かれるようなグレーなやり方には同意できないとはっきり言いました。

 それで大論争になって、最終的に2013年3月、サーベラスは西武HDの株の買い増しを宣言した。つまり、敵対的TOBを仕掛けてきたのです。しかし、2013年6月の株主総会で、サーベラスの株主提案(8人の取締役就任案)は大差で否決されました。

岩出:サーベラスに対して、どのように防衛したのですか?

後藤:社内外に対して、当社の主張の正当性を真正面から正々堂々と説明し、その理解を得ることができました。

 株主総会を前にした2013年4月から5月にかけて、西武鉄道の車内に、普段は見慣れない中吊り広告を出しました。「このたびのサーベラス・グループによる当社の株式公開買い付け及び取締役・監査役の推薦に当社は反対しております。(中略)引き続き当社をご支援賜りたくよろしくお願いいたします」

 これは、社員たちが自分たちで考えてやってくれたことです。鉄道広告ではなかなか見られないことだと思います。

 僕自身は、グループ内のいろいろな企業やホテル、営業所を飛び回って、自分たちの考え方を説明し、状況を共有して心を一つにしました。あのとき、本当にグループが一丸になったと実感できました。大株主からのTOBは、ものすごく大きなピンチでしたが、それがグループの結束を強化するチャンスになり、全従業員が本当に一致団結して、我々と一緒になって戦ってくれて、その後、西武グループは大きく生まれ変わりました。そして、翌2014年4月23日、西武ホールディングスは上場しました。

岩出雅之(いわで・まさゆき)氏  帝京大学スポーツ局長、スポーツ医科学センター教授。1958年和歌山県新宮市生まれ。76年和歌山県立新宮高校卒業、80年日本体育大学卒業。教員となり、滋賀県教育委員会、公立中学、高校に勤務。96年より帝京大学ラグビー部監督。2009年度全国大学ラグビーフットボール選手権大会で初優勝。以来、17年度まで9連覇を記録。21年度に同大会で優勝しV10を達成。現在は、帝京大学スポーツ局長として、同大学のスポーツ全般を統括する。
[画像のクリックで拡大表示]
岩出雅之(いわで・まさゆき)氏  帝京大学スポーツ局長、スポーツ医科学センター教授。1958年和歌山県新宮市生まれ。76年和歌山県立新宮高校卒業、80年日本体育大学卒業。教員となり、滋賀県教育委員会、公立中学、高校に勤務。96年より帝京大学ラグビー部監督。2009年度全国大学ラグビーフットボール選手権大会で初優勝。以来、17年度まで9連覇を記録。21年度に同大会で優勝しV10を達成。現在は、帝京大学スポーツ局長として、同大学のスポーツ全般を統括する。

次ページ 「ノーサイドの精神」で相手をたたえる