銀行員時代には、世間を騒然とさせた総会屋事件を最前線で収拾し、西武グループへ転出後は西武鉄道の上場廃止などで混迷する経営を立て直し、その後、投資ファンド・サーベラスによる敵対的TOB(株式公開買い付け)から経営を守り、再上場を果たして順調に業績を拡大していたと思ったら、今度は新型コロナウイルス感染拡大の影響直撃で赤字転落し、経営再建へ――。西武ホールディングス(HD)の後藤高志社長は、ビジネスパーソンとして数々の逆境を経験し、乗り越えてきた。そのエネルギーの源は「ラグビー精神」にあったという。今回から2回にわたって後藤社長と、帝京大学ラグビー部の前監督で『逆境を楽しむ力 心の琴線にアプローチする岩出式「人を動かす心理術」の極意』(日経BP)の著者である岩出雅之氏との対談をお届けする。(写真:鈴木愛子)

映画にもなった銀行時代の修羅場

岩出雅之氏(以下、岩出):後藤社長は、東京大学時代にラグビー部に在籍されていました。ラグビーを通じて学び、その後に生かしていることがあったら教えてください。

後藤高志氏(以下、後藤):僕がいた東大ラグビー部は、決して強いチームではなかったのですが、当時の監督や先輩から、東大ラグビー部の伝統は「ストレートダッシュ」と、相手の低いところにぶつかっていく「ロータックル」だとたたき込まれました。いわゆる強豪校に体力的にも技術的にもかなうわけではないので、それしか戦うすべがなかったというのが実情だったのかもしれません。しかも、その2つを100%実行できたかというと、そうは思いません。ただ、そのマインドは自分の体の中に染みつきました。

 振り返ると、社会人になってから山あり谷ありの人生だったと思うけれど、やっぱりその時に逃げないで真っすぐぶつかっていく、そして正直にフェアプレーでやっていくという僕の哲学にもなっているマインドの基盤は、ラグビー部で培ったものです。

岩出:後藤社長はこれまで、バンカー、そして経営者としてタフな経験をたくさんされてきていて、逆境をどう乗り越えてきたのかを伺えればと思っています。私はよく学生に、逆境に直面したとき、それを「苦しくて避けるべきもの」と捉えるのか、それとも「成長のためのチャンス」と捉えるのか、その違いは大きいよと伝えています。

後藤:おっしゃる通り、ピンチはチャンスなんですよ。僕はピンチになるとテンションが上がります。というのは、ピンチのときには、平時では絶対にできないような大胆な改革を実行できるからです。

 僕の経験について話すと、最初の大ピンチは、第一勧業銀行(現・みずほ銀行)で1997年に起きた総会屋への利益供与事件でした。銀行から逮捕者が出るなど、金融史に残る事件となりました。僕はその時、企画部の副部長でした。当時は、意思決定できる上層部が機能不全となったため、組織は大混乱に陥り、どの方向に進めばよいかわからなくなっていました。

 その時、私を含めた4人の中堅行員が先頭に立って、決めるべきことをちゃんと決め、事態を収拾していきました。もちろん最終的には、上層部に決裁してもらいますが、かなりの部分を僕たちが決めていました。

後藤高志(ごとう・たかし)氏  西武ホールディングス社長。1949年東京都生まれ。72年東京大学経済学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)入行。97年、同行で起きた総会屋利益供与事件で、混乱の収拾と真相解明に尽力した改革派「4人組」のひとり。その後、みずほコーポレート銀行副頭取などを歴任後、2005年に有価証券報告書虚偽記載で上場廃止となった西武鉄道に転じて社長に就任し、再建に携わる。東大時代にラグビー部でウイングとして活躍した。
[画像のクリックで拡大表示]
後藤高志(ごとう・たかし)氏  西武ホールディングス社長。1949年東京都生まれ。72年東京大学経済学部卒業後、第一勧業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)入行。97年、同行で起きた総会屋利益供与事件で、混乱の収拾と真相解明に尽力した改革派「4人組」のひとり。その後、みずほコーポレート銀行副頭取などを歴任後、2005年に有価証券報告書虚偽記載で上場廃止となった西武鉄道に転じて社長に就任し、再建に携わる。東大時代にラグビー部でウイングとして活躍した。

 97年のゴールデンウイーク前の4月下旬から5月いっぱいまで、1カ月半ぐらいはほとんど家に帰っていません。近くのホテルに部屋を取ってもらって、女房に着替えを1週間に1回か2回ぐらい届けてもらい、睡眠時間も3時間寝られればよかった。体重も2、3カ月で5、6キロ減りました。 

 さらにその後、いわゆる反社会的勢力との取引を断ち切っていくという、かなり厳しいことにも取り組みました。身の危険も感じながら、あれだけの修羅場を経験したからこそ、人間的にはすごく強くなりました。その後も色々なピンチがあったけれど、銀行時代の危機的な状況に立ち向かい克服したという自信が、私の最大の強みになっています。

次ページ 修羅場の経験から人生に役立つ極意を得る