常勝集団だった帝京大学ラグビー部が2018年度以降、王者から陥落したのは、「心理的安全性」がうまく機能しなかったことが原因だった。「心理的安全性」がいくら高くても、メンバーに挑戦心や目標達成への責任がなければ単なる「仲良しグループ」となり、組織の成長は止まってしまう。前回の「大学ラグビー『絶対王者』が落ちた心理的安全性のワナ」に引き続いて、帝京大学ラグビー部前監督の岩出雅之氏の著書『逆境を楽しむ力 心の琴線にアプローチする岩出式「人を動かす心理術」の極意』から一部抜粋して、組織再生の秘訣を紹介する。

(前回から読む)

2022年1月、帝京大学はラグビー大学選手権で優勝し、復活のV10を達成した(写真提供:帝京大学ラグビー部)
2022年1月、帝京大学はラグビー大学選手権で優勝し、復活のV10を達成した(写真提供:帝京大学ラグビー部)
[画像のクリックで拡大表示]

コロナ禍をピンチではなく「成長の機会」に

 2020年春以降、世界も日本も新型コロナウイルスに翻弄されています。多くの感染者や死者を出し、やや毒性が弱まったオミクロン株になっても、特に持病を抱えている高齢者の方々にとっては脅威です。この年の前半、ラグビー部の活動も中断を余儀なくされました。

 言うまでもなく、コロナ禍は大変な災いです。私たちも当初は対応に苦慮しましたが、この時期をどう過ごすかが非常に重要だと直感的に思いました。コロナ禍をピンチとして捉えるのではなくて、災いの中で自分たちがどれだけ成長できるか。2019年度、さまざまな壁に突き当たっていた私たちは、「活動がいったん停止したことは、それまでの自分たちを振り返り、見直すための絶好の機会だ」と180度切り替えて考えるようにしたのです。

 「ピンチはチャンス」とよく言います。今がその時だと思いました。

 2020年春、私は、コロナ禍を機に、組織づくりを土台から見直しました。

 私たちが長年取り組んできた「脱・体育会」は、コンセプト自体は間違っていないと思います。しかし、そのアプローチ方法に少し問題があったのではないかと、2019年度シーズンで敗戦を経験して感じました。

 帝京大学ラグビー部の「脱・体育会イノベーション」は、上級生が基本的に部内の雑用の大半をこなすことが最も画期的だったのですが、実はそれが1年生の成長を阻む原因になっているのではないか、というのが私の分析です。上級生が雑用をすべてこなすことで、1年生の心理的安全性は高まりますが、それだけだと図の「快適ゾーン」に入ってしまいます。和気あいあいとしていて居心地はいい仲良しグループではあるけれど、難しいことには挑戦しようとしないので、成長も期待できない。いわば「ぬるま湯的」な環境です。

(『逆境を楽しむ力』23ページに掲載)
(『逆境を楽しむ力』23ページに掲載)
[画像のクリックで拡大表示]

 従来の体育会組織のピラミッド構造をひっくり返し、特に1年生の心理的安全性の確保に取り組んだことまではよかったのですが、その先に思わぬワナが潜んでいたのです。心理的安全性は、目標達成の責任の重さが伴っていないと、自ら学び成長を目指す学習組織にはなりません。

 では、下級生にも責任を持たせるようにするにはどうしたらいいかと考えました。

次ページ 「巻き込み力」を養成する