最も成果が出せるチームの絶対条件として、「心理的安全性」が注目されている。帝京大学ラグビー部でも、脱体育会を目指して「心理的安全性」を高めた結果、組織は活性化し、大学選手権9連覇の原動力になった。だが、そこには大きな落とし穴があった。心理的安全性を正しく機能させるには、何が必要なのか? 2022年1月、V10を果たした帝京大学ラグビー部前監督の岩出雅之氏の著書『逆境を楽しむ力 心の琴線にアプローチする岩出式「人を動かす心理術」の極意』から、一部抜粋して紹介する。
岩出雅之前監督は帝京大学ラグビーを常勝集団に育てあげ、ラグビー大学選手権V10達成後、勇退した(写真提供:帝京大学ラグビー部)
岩出雅之前監督は帝京大学ラグビーを常勝集団に育てあげ、ラグビー大学選手権V10達成後、勇退した(写真提供:帝京大学ラグビー部)
[画像のクリックで拡大表示]

 私が監督を務めていた帝京大学ラグビー部は2009年度から2017年度まで、ラグビー大学日本一を決める大学選手権で9連覇を達成しました。しかし、2018年度に連覇が途切れ、そこから2020年度まで日本一から遠ざかりました。

(『逆境を楽しむ力』16ページに掲載)
(『逆境を楽しむ力』16ページに掲載)
[画像のクリックで拡大表示]

 大学日本一から陥落した最大の原因は、組織の構造やマネジメント、文化のほころびにあったと私は考えています。優勝から遠ざかった3年間は、その原因を突き止め、改善することに費やしました。

 まずは、王座陥落の原因を振り返ってみたいと思います。

心理的安全性の落とし穴

 今、「心理的安全性」を高めようという動きがビジネス界を中心に広まりつつあります。

 心理的安全性が確保されていれば、チームメンバー全員が、頭に浮かんだアイデアや意見を臆することなく表明でき、互いの気分を敏感に察知し、個人的な話や感情まで共有することができます。一方、心理的安全性が低いと、他のメンバーに対する感受性が低く、メンバーは個人的な行動を取り続け、他のメンバーの活動や悩みに無関心で、結果として成果が上がりません。

 私は2010年くらいから、4年生を頂点にした体育会のピラミッド構造を逆転させることで、心理的余裕を生み出そうとしてきました。

 その要点を言うと、それまで部内の雑用を一手に引き受けていたのは1年生でしたが、その雑用を心理的に比較的余裕のある4年生に移していったのです。入部したての1年生は、大学に入学して生活環境が激変(実家から寮生活に変わるなど)するのに加えて、高校ラグビーと大学ラグビーの競技レベルや体格の差に衝撃を受け、心理的な余裕があまりないことがよくあります。彼らへの負担を減らすことで、勉強やラグビー部の活動により打ち込めるようになるはずと思い、下級生の雑用を毎年少しずつ上級生に移していき、「逆ピラミッド化」を5年くらいかけて進めていきました。その違いを図にするとこのようになります。

(『逆境を楽しむ力』21ページに掲載)
(『逆境を楽しむ力』21ページに掲載)
[画像のクリックで拡大表示]

 「逆ピラミッド化」がほぼ完成したなと自分で思ったのは、ラグビー大学選手権6連覇を達成した後の2015年ごろです。

 ピラミッド構造をひっくり返すことは、組織の活性化などに大きな効果があり、それがのちの9連覇達成の原動力の一つになったことは間違いありません。心理的安全性が広く知られるきっかけになったのは、ニューヨーク・タイムズによるグーグルの「プロジェクト・アリストテレス」に関する2016年2月の報道でした。ちょうど同じころ、私たちも「心理的安全性」の効果を実感していたわけです。

 ところが、ここに思いもよらない落とし穴があったのです。

次ページ 「仲良しグループ」化で成長が止まる