前回から読む)

原材料価格の高騰などを背景に商品価格の値上げが相次いでいる。だが、消費者にとって値上げは購買意欲を打ち消す要因となりかねない。企業はあの手この手で割高感の軽減を図る。

 いかにして消費者に割高感を与えないか。価格を上げるのではなく、内容量を減らして対応する企業もある。日本ハムも2月から一部の商品で内容量を見直した。例えば冷蔵ピザの「石窯工房」は、生地のサイズを小さくするなどしてコスト削減を図った。

 一方、ウインナーソーセージ「シャウエッセン」のように単純に値上げした商品もある。家庭向けや業務用合わせて同社商品の424品目が改定対象となり、そのうち約6割は値上げ、約4割は内容量を減らすなどの「規格変更」を行った。これらを値上げ率に換算すると5~12%に相当するという。

まずはサイズ変更から検討
まずはサイズ変更から検討
●日本ハムの規格変更と値上げの手順 (写真:吉成大輔)

 ではどうして施策が2つに分かれたのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2651文字 / 全文3042文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「絶望物価、負のスパイラルへ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。