前回から読む)

「コストが上がったから値上げする」。この単純な理由で消費者は納得しない。欠かせないのは、追加の金銭的負担を強いる明快な理由づけだ。新ブランド、新機能、サプライズ。物価上昇時代を勝ち抜く戦略を探る。

ツインバード工業は新ブランドで付加価値を模索。野水社長は「差別化を図れれば、市場での価格設定で有利になる」と話す(写真:岩船雄一)
ツインバード工業は新ブランドで付加価値を模索。野水社長は「差別化を図れれば、市場での価格設定で有利になる」と話す(写真:岩船雄一)

 「価格競争に勝ち抜くだけでは、お客様の心はつかめない。商品を長く使っていただくためにも、ブランド価値を高める必要があると考えた」。生活家電を手掛けるツインバード工業(新潟県燕市)の野水重明社長はこう力を込めた。目の前にあるのは、全自動コーヒーメーカーとスチームオーブンレンジ。それぞれ「匠プレミアム」と「感動シンプル」という2021年11月に誕生したばかりのブランドを冠した商品だ。

「安ければ売れる」は終わり

 事業環境は厳しさを増している。足元では原油やプラスチック、金属といった原材料価格の高騰が進む。それでも22年2月期の売上高は約129億円で、売上高総利益率は前年に比べて1.6ポイント上昇し35.2%となった。家電事業に限れば、23年2月期の売上高総利益率は前期に比べて5ポイント近くの上昇を見込む。背景にあるのが同社が推し進めている新ブランド戦略である。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3631文字 / 全文4148文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「絶望物価、負のスパイラルへ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。