2021年10月26日、甲子園球場で行われた阪神タイガースと中日ドラゴンズの試合後に、16年の現役生活を終える岩田稔の引退セレモニーが開かれた。新型コロナウイルス禍で入場制限がかかっていたが、1万人の観衆が岩田のプロ野球人生の最後を見届けた。

 「僕1人ではここまで長くやっていけるとは思っていませんでした」。セレモニーで感謝の気持ちを述べる岩田の勇姿を、両親や家族とともに目を細めて見つめた人物がいる。

 「まさかここまでやるとは……本当にお疲れさま」

 心の中でそうつぶやいたのは、岩田の大阪桐蔭高校時代の恩師で、硬式野球部監督を務める西谷浩一だ。今春の第94回選抜高校野球大会(センバツ)も圧倒的な強さで制したのは記憶に新しい。監督として甲子園通算8回制覇は歴代最多記録を誇る。「一番迷惑をかけた生徒」と述懐する岩田は、引退を自ら報告して西谷をスタンドに招いていた。門下生としてあまたのプロ野球選手を輩出してきた名将と岩田。20年以上前のあの日の出来事を思えば、誰が2人のこんな未来を予想できただろうか。

西谷浩一・大阪桐蔭高校硬式野球部監督
西谷浩一・大阪桐蔭高校硬式野球部監督
1969年生まれ、52歳。報徳学園高校を経て関西大学経済学部に進み、硬式野球部では4年次には主将を務める。大学卒業後は報徳学園野球部コーチを一時務め、大阪桐蔭で野球部部長を経て1998年に監督就任。甲子園の春夏通算8回の優勝は歴代1位。教え子には中村剛也や西岡剛、中田翔、平田良介、浅村栄斗、森友哉、根尾昂などの好打者だけでなく、藤浪晋太郎や辻内崇伸、岩田稔など投手としてプロ野球で活躍する選手も多い(写真:アフロ)

「体調不良を掌握できていなかった」

 20年以上前のあの日の出来事を、西谷はまるで昨日の記憶のように鮮明に覚えている。01年1月、大阪桐蔭高校の硬式野球部が新年を迎えて最初の練習を終えた後、西谷は選手を全員集めて当時2年生でエースだった岩田を叱責した。

 「エースがこんな練習では勝てないぞ」

 冬休みとはいえ、自主トレーニングはしっかりしてほしいと選手に伝えた西谷にとって、正月明けの3000メートル走でチームメートから2周、3周と遅れて走る岩田の姿に我慢がならなかった。同級生には後に埼玉西武ライオンズで活躍する「おかわりくん」ことスラッガーの中村剛也を擁し、1学年下には千葉ロッテマリーンズや阪神タイガースで活躍した西岡剛がいた。1998年に大阪桐蔭の監督に就任して3年という駆け出しの時期だったが、あとはエースが育ってくれれば、監督して初めての甲子園出場も夢ではなかった。

 その思いは岩田の背中に大きくのしかかったが、呼応するかのように岩田は急成長を遂げた。「岩田はカーブこそ良かったがコントロールは悪く、入学当時はエースになるとは思わなかった」(西谷)。ただ、2年の途中からメキメキと頭角を現し、気づけばエースに。2年生秋の大阪府大会で優勝し、近畿大会でベスト8に進出した。春の甲子園こそ補欠校となり出場は果たせなかったものの、夏の甲子園に向けて確かな手応えをつかみつつあるさなかで、岩田の走りに「調整不足」を感じたのだ。

次ページ 血糖値900近い、異常な状態