伊藤忠商事の今後の成長の鍵は、グループで抱える多様な事業とデジタルの融合だ。そのための「資源」となるのが、さまざまな現場から出てくる多様なデータ。デジタル企業群の構築に乗り出し、「次世代商人道」を突き進もうとしている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1465文字 / 全文4639文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「伊藤忠の下克上」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。