伊藤忠商事の今後の成長の鍵は、グループで抱える多様な事業とデジタルの融合だ。そのための「資源」となるのが、さまざまな現場から出てくる多様なデータ。デジタル企業群の構築に乗り出し、「次世代商人道」を突き進もうとしている。その戦略とはどのようなものか。

■連載予定
(1)伊藤忠の下克上、負け癖払拭した岡藤流「逆張り×統率」
(2)伊藤忠、知られざる「デジタル群戦略」 ライバルはアクセンチュア(今回)
(3)「コツコツ型」伊藤忠vs「資源依存」の三菱・三井 財務で見る商社3強
(4)日立建機出資の舞台裏 なるか「総合」の再定義
(5)岡藤会長インタビュー「慢心すれば、一瞬で落ちる」
(6)「経営者が育つオオカミの集団であれ」OB座談会
(7)「安定成長こそ強さ」鉢村CFOインタビュー

 新卒学生の採用活動が本格化しようという2月28日、「メタバース伊藤忠商事東京本社」がオープンした。学生は自分の分身である「アバター」を動かし、現役社員や内定者を紹介する執務フロア、SDGs(持続可能な開発目標)への取り組みを動画で流すスタジオなどを行き来できる。下のイメージは、VR(仮想現実)で忠実に再現した本社1階に立つ「アバター版岡藤正広会長CEO」だ。

メタバースで再現された本社に立つアバター版の岡藤正広会長CEO
メタバースで再現された本社に立つアバター版の岡藤正広会長CEO

 メタバース本社は、この4月入社の内定者によるコンペで勝ち残った案を基に、IT子会社の伊藤忠インタラクティブ(東京・港)が1カ月で完成させたもの。「社員と話せないので社風が分かりづらい」といった学生の悩みを解消する狙いがある。内定者の一人は、「どこまで学生の意見が反映されるか半信半疑だったが、積極的に取り入れられた」と話す。

学生は、メタバース内を歩き回り、伊藤忠についての情報を得ることができる
学生は、メタバース内を歩き回り、伊藤忠についての情報を得ることができる

 資源ビジネスに依存せず、デジタルを成長の柱にする伊藤忠にとり、現場の困り事や課題は利益の源泉となる。現場とデジタル企業群が連携しながら課題を解決し、マーケットを深掘りする。メタバース本社は、データを資源とする「デジタル商人道」の象徴とも言える。それは、既に取引先の現場に入り込み始めている。

伊藤園の商品開発を支えた「フーデータ」

 伊藤園が3月28日に発売した新商品「TULLY’S COFFEE 抹茶がおいしい抹茶ラテ」。商品企画の段階から伊藤忠が開発した「FOODATA(フーデータ)」を活用した。

 既存商品は「抹茶の濃厚感が足りない」「抹茶の味をもっと感じたい」という不満の声が少なくなかった。新商品は2種の抹茶をブレンドし、ミルクと合わさると抹茶の甘みとほのかな渋みが感じられるようにした。

 フーデータは味覚データやSNSなどでの消費者の反応、売れ行きなどを統合して分析し、商品コンセプトやマーケティングに生かすシステムだ。今回、裏付けられたのが「濃厚感の不足」。試作品の味を分析して、コンセプト通りの味わいになっているかを確認し、完成にたどり着いた。

 フーデータは次の食品のトレンドを発掘する力もある。例えば、牛乳に代わる飲み物として注目される植物性ミルク。豆乳やアーモンドミルクといった候補の中から、オーツ麦由来のオーツミルクの潜在力が高いとした。オーツミルクは知名度が低く、植物性ミルク市場のシェアは約1%にとどまるが、味は最も牛乳に近い。フーデータでは、日常の飲用シーンと合わせて販促をかければ伸びるとの仮説が浮かび上がった。

 食品流通は原料サプライヤー、メーカー、問屋、小売業者などが介在する複雑な構造だ。フーデータは、そのために分断されているデータを生かせないかという伊藤忠の食料部門の課題から生まれた。商流の間に入り込む伊藤忠なら、データを統合できるという発想だ。実際、味覚分析や販売データ管理、消費者調査などの各機能はその大半を伊藤忠の子会社・出資先が担う。50社以上が利用しており、家電メーカーやデベロッパーにも需要があるとみている。

 業界に精通する現場の着想を支援したのが、情報・金融カンパニーだ。デジタル企業群のラインアップを整えDXの要となる同カンパニーは、「群戦略」と銘打ちM&A(合併・買収)や出資を進めてきた。

次ページ ソフトバンクとの違いは「商流」