ロシアによるウクライナ侵攻で、国際的な緊張感が高まる中、「権威主義的」な色合いを強める中国に注目が集まっている。そんな母国に対し、中国に住む中国人や日本など国外に住む中国人は、本音ではどう思っているのか。
 今回は、日経プレミアシリーズ『いま中国人は中国をこう見る』より、中国人の国外を見る目の変化について抜粋してお届けする。

日本に縁の深い観光スポットに批判殺到

 東北部に位置する遼寧省大連市。2021年8月末、日本との縁も深いこの地に『盛唐・小京都』が開業した。

 総面積は約63万平方キロメートル。京都と唐の時代の街並みを再現した広大なエリアで、中国企業と日本企業が共同で開発。約60億元(約1068億円)もの資金が投じられたビッグプロジェクトで、観光客らに人気の観光スポットになると期待されていた。

 だが、開業から1週間で営業休止に追い込まれた。原因は、開業直後からネット上に広がった猛批判だった。「これは日本の文化侵略だろう」「かつて侵略された歴史を忘れたのか!」「大連に日本風の街並みを作るなど、中国に対する侮辱だ」……。

 中国のSNS、微博に過激な批判が大量に書き込まれた。大連在住の知人が語る。

 「あの場所で日本の商品しか販売できないというデマがきっかけでした。当局はすぐに否定したものの、批判は拡大してしまいました。中国人が敏感になる9月18日が近づいていたことも関係していたとみられます。SNS上に書き込みをした多くが若者だったようです」

 9月18日は満州事変の発端となった柳条湖事件が起きた日で、中国では「国辱の日」。中国人は誰もがその日を脳裏に刻んでいる。2021年は柳条湖事件から90年という節目の年で、中国メディアでは早い段階から大々的に報道されていた。

 中国共産党100周年も重なり、政府は国威発揚につながる言葉で国民を煽(あお)ってきた。そうした社会の「空気」が営業休止に関係していたのではないか、と見られている。しばらくして、同プロジェクトは名称から「京都」を外し、日本の色合いを薄めた形でひっそりと再開されたが、この一件からもわかる通り、2021年以降、とくに若者を中心にナショナリズムが高まりを見せている。顕著に現れたのは東京五輪だった。

次ページ 国外の「いい話」はもう聞きたくない