インタビュー
「ととのう」のメカニズムとは、日本サウナ学会代表理事・医師の加藤容崇氏が語る

 医学的に「ととのう」とは、「体が興奮状態で出るアドレナリンが血中に残る中、自律神経はリラックスした副交感神経優位の状態」を指すと考える。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り748文字 / 全文2335文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「現代の茶室、サウナ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。

この記事のシリーズ

2022.5.17更新

Powered by リゾーム?