ロシアのウクライナ侵攻開始から1週間が経過した。2022年3月4日現在、停戦合意には至っておらず、ウクライナに対するロシア軍からの激しい攻撃が続いている。軍事的な戦闘のみならずスパイ行為やファイルの破壊など多様なサイバー攻撃も繰り広げられている。日本企業も最大限の警戒が必要だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2618文字 / 全文2640文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題