『日経ビジネス』は経済誌としての50年以上にわたる歴史の中で数多くの名経営者や元宰相らにインタビューしてきた。今では鬼籍に入って話を聞くことのできない方や現役を退いた方を中心に、時代を体現した“寵児”たちのインタビュー記事を再掲する。今回はアップルを復活させたカリスマ、スティーブ・ジョブズ氏を取材した1999年の記事を取り上げる。

(注)記事中の役職、略歴は掲載当時のものです。

1999年3月8日号より

 業績低迷に苦しんでいたアップルコンピュータが復活した。
 昨年8月に発売したカラフルなパソコン「iMac」が世界中で爆発的なヒットを呼び、開発体制の見直しなどによるリストラ効果も手伝って1998年度は3期ぶりの黒字決算となった。
 このアップル復活の立役者となったのが、97年9月、12年ぶりに暫定ではあるが最高経営責任者(CEO)に復帰した創業者の1人、スティーブ・ジョブズ氏である。帰ってきたカリスマ、ジョブズ氏にアップルの急激な再生の秘密を聞いた。
(聞き手は本誌編集長、小林 収)

アップル創業時の魂を社内外に吹き込む

 96年3月からアップルの最高財務責任者(CFO)兼執行副社長を務めるフレッド・アンダーソン氏は、復帰したジョブズ氏を指して言う。「アップルの社内にオリジナル・ソウルを戻してくれた」。瀕死状態ともいえたアップルの息を吹き返させたジョブズ氏は、どんな魂を吹き込んだのか。

スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)
1955年2月米国生まれ、44歳。76年、世界初のパソコン「アップル1」を開発し、翌年アップルコンピュータを設立。85年アップルを退社し、パソコンメーカーのネクスト・コンピューターを設立、CEO就任。86年に3次元CG制作会社ピクサーを設立し、CEO就任。96年12月、アップルがネクスト社を買収。ギルバート・アメリオ会長兼CEO(当時)の戦略顧問としてアップルに復帰。97年9月、アップルの暫定CEOに就く。公式の場でもジーンズ姿で現れるなど、米国西海岸の経営者の雰囲気を今も漂わす。

 私が戻ってきたとき、アップルには明確な企業戦略がなく、これが最大の問題だった。

 だから私は、明確な戦略づくりとリーダーシップのあり方を変えることに、まず力を入れたんだ。情熱がない3分の1ほどの社員には辞めてもらった。起業したばかりの活力あるベンチャーのような企業にしたかったから、例えば、それまで払っていた巨額のボーナス支給をやめた。その代わりに、社員全員にストックオプションを与えたんだ。

 私はストックオプションが好きだね。誰かの働きで株価が1ドル上がれば全員に恩恵がもたらされるんだから。ストックオプションを導入してからは、社員全員がアップルをどう変えるか、目の色が変わってきたと思う。

 変えなければならないのは社内だけでなかった。「マッキントッシュを愛してはいるがアップルを憎んでいる」という多くのソフト開発者や周辺機器メーカーにも気を配ったよ(笑)。

 彼らは、アップルはマックを殺しかけていると思っていたし、一緒に仕事をしにくい相手だとも思っていた。そこで私たちは、ソフト開発者が一緒に仕事をしたいと思うように、つまり、昔のアップルのように会社を変えていったんだ。

 例えば、それまでマックは常に供給過剰気味だった。それでは、マックもソフトもたたき売られちゃうよね。開発する方も面白くない。そこで私たちは、在庫や売れ行きを考えて製品を供給できる提携相手だけに取引を絞り込み、そうでない相手とは縁を切った。こうした努力を積み重ねていったら、ソフト開発者たちもマックの元に戻ってきてくれるようになったんだ。

次ページ マイクロソフトとの歴史的な和解