営業がお客様に提案すべきこと

「お客様が何をやりたいのかという顧客の本質的なニーズを知ることが商品やサービスを買ってもらうために重要だと思いますが、そのために意識していることがあれば教えてください」という質問もありました。

天野氏:厳しいことを言うようですが、お客様のニーズをお客様に聞くようでは遅いでしょうね。お客様がどんなビジネスでどこに向かいたいのかは、お客様に聞くべきことの代表例だと思います。一方で、そこに自分たちの商材やサービスが組み合わさったときに得られる効果は、お客様に聞くのではなく、自分たちが提案すべきです。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4397文字 / 全文5889文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「解剖キーエンス 最強企業の“人づくり”」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。