苦労話や成功話をみんな語りたい

関係性を深め、ファンや大ファンになってもらい、ビジネスベストフレンドになるために、天野さんはどのようなことをされているのでしょうか?

天野氏:自分と年齢や価値観が近い人であれば、格式ばった接待はあまり必要ないと考えています。ランチのような気軽なものでもいいですし、僕が営業担当だった頃は、得意先の工場にいろいろなクラブ活動があったため、自転車部に入れてもらって、一緒に自転車に乗ったりしていました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2301文字 / 全文4316文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「解剖キーエンス 最強企業の“人づくり”」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。