キーエンスの快進撃が止まりません。4月27日に発表した2022年3月期連結決算では過去最高の売上高を更新し、営業利益率は55%に達しました。株式時価総額は12兆円を超え、トヨタ自動車とソニーグループ、NTTに次ぐ国内4位につけています。従業員の平均年収(2021年3月期)は1751万円と、高年収企業の代表格である総合商社も上回ります。

(写真:今紀之)
(写真:今紀之)

 キーエンスが扱うのはセンサーや制御機器など、一般消費者にとって縁遠い商品ばかりです。にもかかわらず日本を代表する高収益企業であり続けられるのはなぜか。理由は、独自の育成手法を通じて鍛えられた一人ひとりの社員にあります。

 日経ビジネスLIVEではキーエンスの「強さの根源」を解き明かすため、3人の同社OBを講師に招いたウェビナーシリーズ(全3回)を開催します。

 5月19日(木)19時からの第1回に登壇するのは、FAプロダクツ(東京・港)の天野眞也会長。キーエンスに1992年に入社し、20年近くに及んだ在籍期間で社長直轄プロジェクトなどを複数率いた「営業」のプロです。あらゆる業界の生産現場を見てきた経験などを基に、『顧客の心をつかむ、キーエンスの「営業しない」営業力』をテーマに講演します。(5月20日追記:後日、映像も含めたアーカイブ記事を配信予定です)

 6月2日(木)19時からの第2回のテーマは「商品開発」。キーエンス在籍時代に世界初・業界初の商品を数多く企画立案した経験を持つ、コンセプト・シナジー(岡山県総社市)の高杉康成代表取締役が『潜在需要が宝の山 キーエンスの高収益生み出す商品開発』について語ります。

 6月16日(木)19時からの第3回では、米国や英国の現地法人立ち上げなどに携わりキーエンスの海外展開を主導した、インサイトアカデミー(東京・港)の藤田孝顧問が登壇します。『「キーエンス流」は世界に通じる、海外事業開拓の極意』をテーマに、キーエンスの海外事業の歴史と成功の秘訣をお伝えします。

 各ウェビナーでは視聴者の皆様からの質問をお受けし、モデレーターも交えて議論を深めていきます。ぜひ、ご参加ください。

「日経ビジネスLIVE」とは:「読むだけではなく、体感する日経ビジネス」をコンセプトに、記事だけではなくオンライン/オフラインのイベントなどが連動するプロジェクト
「日経ビジネスLIVE」とは:「読むだけではなく、体感する日経ビジネス」をコンセプトに、記事だけではなくオンライン/オフラインのイベントなどが連動するプロジェクト

ウェビナー開催、「キーエンスOBが明かす強さの根源」

■開催日:2022年5月19日(木)~、全3回開催
■会場:Zoomを使ったオンラインセミナー(原則ライブ配信)
■主催:日経ビジネス
■受講料::日経ビジネス電子版の有料会員のみ無料となります(いずれも事前登録制、先着順)。視聴希望でまだ有料会員でない方は、会員登録をした上で、参加をお申し込みください(月額2500円、初月無料)。


■第1回:5月19日(木)19:00~20:00(終了、後日アーカイブ記事を配信予定)

■テーマ:顧客の心をつかむ、キーエンスの「営業しない」営業力

講師:FAプロダクツ 代表取締役会長 天野眞也氏

プロフィール:1992年入社。組織横断型の社長直轄プロジェクトなどを第一線でけん引。あらゆる業界の生産現場を見てきた経験と、顧客と共に海外を含む新工場プロジェクトを成功に導いてきた実績を基に、2010年起業。
 現在はFAプロダクツ会長のほか、ロボコム社長、日本サポートシステム社長などを兼務し、製造業のDXから生産ラインの開発・実装までを包括的に支援するコンソーシアム「Team Cross FA(チームクロスエフエー)」の旗振り役を務める。


■第2回:6月2日(木)19:00~20:00(予定)

■テーマ:潜在需要が宝の山 キーエンスの高収益生み出す商品開発

講師:コンセプト・シナジー 代表取締役 高杉康成氏

プロフィール:キーエンスで新商品や新規事業企画を担当。入社後に、営業所に配属されコンサルティング営業を学ぶ。その後本社の新商品・新規事業のプランニング部門へ異動。世界初・業界初を中心としたオンリーワン商品を多数企画立案した。
 退職後、新規事業・新商品開発を中心としたコンサルタントとして独立。製造業向けの「独自性の高い商品開発」だけではなく、店舗やサービス業などにおいても「オンリーワン高付加価値ビジネス」を作り出すために、コンサルタント活動を行っている。


■第3回:6月16日(木)19:00~20:00(予定)

■テーマ:「キーエンス流」は世界に通じる、海外事業開拓の極意

講師:インサイトアカデミー 顧問 藤田孝氏

プロフィール:1982年、キーエンスの前身のリード電機に国内営業の中途採用として入社。85年からは米国と英国に駐在し、市場開拓を現地で指揮した。97年に帰国後は海外事業部長として世界160超の拠点展開を指揮し、売り上げ規模を2015年時点で1600億円規模まで拡大させた。
 現在はグローバル人材育成研修などを手掛けるインサイトアカデミーの顧問のほか、各企業の社外取締役・コンサルタントとしても活動中。

>>ウェビナーへの参加を申し込む

この記事はシリーズ「解剖キーエンス 最強企業の“人づくり”」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。