新規事業を立ち上げた際、責任者には大きなプレッシャーがかかることになる。事業を成功に導くために、コンプライアンス問題に追い込まれるケースもある。今回は、コンプライアンス問題が起こる理由を考える。
(写真:123RF)
(写真:123RF)

 新規事業を立ち上げた際、責任者がコンプライアンス問題に追い込まれるケースは珍しくない。それは、彼ら・彼女らが攻撃的で危険な領域を攻める性向をもっているからだろうか。個人的には、そのような印象はない。むしろ、会社の統制のあり方のまずさが、真面目な良い人を問題行動に追い込むといった方が現実に近いと思われる。

 以下は同期の課長2人の会話である。

佐藤 聞いた? 鈴木課長が監査部に取り調べられているという話。

田中 なに、それ? 鈴木さん、新規事業の担当になって張り切ってたじゃない。プロジェクトも順調に進んで、バリバリ活躍していたはずじゃなかったっけ。

佐藤 そうなんだよね。だから、何が起こったのかと思って直接、鈴木さんに聞いてみた。鈴木さん曰く、協力会社への発注に問題があった、とのこと。

田中 なに? 鈴木さんも問題があったことを認めてるの? キックバックでももらったのかな?

佐藤 いや、そういう問題ではなくて、会社の正式な意思決定を受けることなく、独断で勝手に発注してしまったのだと。

田中 え、それはまずいでしょう。でも鈴木さんみたいに真面目な人がそんなことするかな?

佐藤 そうなんだよね。ただし、やったことは事実なので、規程違反で何らかの懲戒を受けることになる可能性が高いらしい。

田中 別に懐を肥やしたわけではないんだよね。ちょっとホッとした。でも、鈴木さんみたいないい人がなんでそんなことをしてしまったの?

佐藤 実は、そこが会社の問題で……。田中さんも知っての通り、うちの会社って、上司も会議も、キッパリと意思決定をしないでしょ。

田中 うん、まあね。基本は何も決めない。ずるずると時間だけがたっていく。

佐藤 で、鈴木さんもこれまで何度も会議に起案して意思決定を促したんだけども、決まったような、決まらなかったようなので、ちゃんと決めてくれないことが多かったらしいんだ。

田中 それ、わかるわ。

佐藤 ところが、新規事業って、社会の動向や競合の動き、それから協力会社の状況とかもあるから、即断即決で、どんどん決めて、話を前に進めていかないと、なかなか立ち上がらないよね。

田中 確かに。ゆっくりとやっていたら、世の中の流れについていけない。

佐藤 そうなんだよね。周りの会社がどんどん決めて、全速力で進めていく中で、うちだけ悠長に、会議体を2つも3つも通過させて完全に決まるまで仕事を前に進められません、なんて言ったら、協力会社はうちと組むのを止めようとするよね。鈴木さんはそういう状況にはまってしまったらしい。「ここで発注を確定させてくれないと、うちはこのプロジェクトから降ります」と複数の協力企業から最後通告をされてしまったらしい。

田中 で、会議での明確な意思決定を得ることなく、発注しちゃったというわけか。

佐藤 そう。会議では誰もNGとは言わなかったので、承認されたと解釈して発注を進めても問題はなかろうと。

田中 で、支払いの時点で問題になったのかな?

佐藤 そう。担当役員も直属の部長も、そんな発注を承認した覚えはないと。一方で協力会社のほうは、仕事の依頼を確かに受けているし、納品もしたんだから、ちゃんとお金を払ってほしいと。至極当然の要求をしてきたわけだ。発注書はなくても、明確に発注したことがわかる鈴木さん発信のメールは残っているし、鈴木さんも依頼した意志があるから支払い処理をした。

田中 ということは、規程違反は逃れられないね。でも、鈴木さんかわいそうだよな。別になにか悪いことをしようとしたわけでもないし。その発注だって、問題があるものではないんでしょ。

佐藤 至極、まっとうな発注だと、鈴木さんは言っている。さらには協力企業とはいってもいわゆる下請け企業ではなく、それらの会社の存在こそがこのプロジェクトの鍵を握るような重要な企業とのことだ。

田中 なるほどね。真面目な鈴木さんだからこそ、無理したんだな。となると、これはいったい何が問題なんだ? 鈴木さんの仕事の仕方に問題があったのは間違いないとして、でも、そのように仕向けてしまったのは、会社の意思決定のあり方や、役員や部長のサポートの欠如の問題じゃないのか。

佐藤 私も、そう思うんだよね。新規事業を成功させようと思ったら、私だって鈴木さんと同じことをするだろう。うちの会社がいつまでたっても新規事業を成功させられないのは、責任者のサポート体制が極めて弱いからだ、と思うんだよね。

次ページ 本ケースにおけるコンプライアンス問題とは