「人生100年時代」といわれる中、ビジネスパーソンが継続して活躍したり、人生を充実させたりするためには、学び続けることが不可欠です。しかし、過去の経験や知識がある人ほど、「以前はこうした」「この場合はこうだった」といった前例にとらわれ、学びがうまくいかなくなることもあるといいます。どうすれば、これまでの学びや蓄積を財産として持ったまま、最大限に生かして、これからも成長し続けることができるのでしょうか。『Unlearn(アンラーン) 人生100年時代の新しい「学び」』から、ビジネスパーソンの新しい成長の秘訣を探ります。2回目は「過去の成功体験を生かせる人と、とらわれてしまう人の差」について。

サーフィンとウインドサーフィン……勝手に混同して考えていませんか?

 ウインドサーフィンというスポーツを経験したことはありますか。僕たちは、その名前には当然なじみがありますが、体験したことはありません。

 念のために言葉で説明をすると、こういうことになるようです。「風を使って水面を走るマリンスポーツ。サーフボードに似たボードにセイル(帆)のついた、セイルボードを用いる」。これを前提に、興味深いエピソードをご紹介したいと思います。

 ウインドサーフィンの初心者に教えているコーチの方から聞いた話です。そのコーチいわく、ウインドサーフィンには典型的な「二大へたくそ」のパターンがあるそうで、そうした人たちは最初のトライで上手にできないだけでなく、その後の上達のスピードも極端に遅くなるのだそうです。

 さて、どんな人が「二大へたくそ」なのでしょうか。これは、興味津々です。ウインドサーフィンの「二大へたくそ」の典型的なパターン、それは運動神経の良しあしではなく、「ウインドサーフィンと似たようなスポーツの経験がある人」と「体力に自信がある人」なのだそうです。どちらも驚きですよね。印象としては、もっともうまくできそうな人たちです。彼らの何が、上達の妨げになっているのでしょうか。

 「似たようなスポーツ経験がある人」というのは、たとえば普通の(ウインドではない)サーフィンの経験者などです。似たようなことをやってきたという自信があるからか、過去に学んだ力の使い方や技術で何とかしようとするので、新しいやり方を受け付けることができず、結果的に、うまくいかない。なかなか上達できないことが多いそうです。「ウインドサーフィン」と「サーフィン」は、同じく「サーフィン」と名前がついていても、まったく別のスポーツです。それにもかかわらず、サーフィン経験者は、ウインドサーフィンの方法をイチから学ぼうとするのではなく、無意識のうちに過去の経験を応用して対応しようとしてしまいます。自分自身が新しい学びに向かうのではなくて、学びたいものを無理やり自分に引き付けようとしてしまうので、うまくいかないのです。

 もう1つの「体力に自信がある人」というのはどうしてでしょうか。ウインドサーフィンは、波や風にうまく乗ることが必須のスポーツです。しかし体力に自信がある人は、うまく乗ろうとするより、力づくでどうにかしようとしてしまうといいます。どんなに体力があっても、波や風をコントロールできるわけはありません。それなのに力づくでどうにかしようとしても、うまくいくはずはありません。

 類似のスポーツの経験も、これまでに培ってきた体力も、過去に得た技術であり学んできたことです。自分にとってそれらはとても価値のあるものだと考えているので、無意識のうちに、「生かしてどうにかしよう」「自分の力でコントロールできるはずだ」と考えてしまいます。そのとたん、シャッターが下りて新しい学びを拒んでしまうのです。

 こうした「二大へたくそ」にあたる人でも、自分の状況を正しく把握することによって、状況を変えることはできます。

 「ウインドサーフィンはウインドサーフィン。サーフィンとは違う」と体感し、理解すること。「力でどうにかしようとするのではなく、身を委ねることが大事」と気づくこと。経験や過去の学びと適切な距離をとることで、新しい技術や能力の習得が可能になります。ウインドサーフィンでなくとも同じなのは言うまでもありません。

(写真:ohrim/shutterstock.com)
(写真:ohrim/shutterstock.com)

次ページ 過去の経験が「学び」を妨げるもう1つの理由