「人生100年時代」といわれる中、ビジネスパーソンが継続して活躍したり、人生を充実させたりするためには、学び続けることが不可欠です。しかし、過去の経験や知識がある人ほど、「以前はこうした」「この場合はこうだった」といった前例にとらわれ、学びがうまくいかなくなることもあるといいます。どうすれば、これまでの学びや蓄積を財産として持ったまま、最大限に生かして、これからも成長し続けることができるのでしょうか。『Unlearn(アンラーン) 人生100年時代の新しい「学び」』から、ビジネスパーソンの新しい成長の秘訣を探ります。1回目は「大人の学びにおいて、インプットよりも大事なこと」について。

大人にこそ不可欠な「新しい学び」──アンラーン

 人生100年時代と呼ばれるようになって、「学び直し」や「生涯学習」という言葉を多くの人が意識するようになりました。また、急速な技術革新や感染症の拡大など、世界は大きく動いています。それに伴って、新しい言葉や概念が次々と出てきます。SDGsやDX、ニューノーマルなど、挙げればきりがありません。

 いくつになっても成長したい、新しいことに挑戦していきたい。そういう気持ちはとても尊いものですし、僕たち自身も学びの姿勢をいつまでも持ち続けたいと考えています。

 ただ、気になることが1つあります。こういう文脈で語られる「学び」については、常に「インプット」、つまり、「これから何を学ぶか? 何を得るか?」だけが重要視されているということです。「未来に向かってどう成長していきたいか」を考えるとき、多くの人は、未来だけに目を向けて、そのために最大限のインプットを行い、それらをため込んで、自分を大きくしようとするものです。

 学びというのはたしかに、知識や情報をどんどんプラスしていくこと、自分の中にため込んでいくこと、それによって思考の力を高めていくことです。しかし、そのプロセスの中で「インプット」以上に大切なことが、実はあります。

 それが「アンラーン」です。アンラーンとは何か? 英語のつづりはunlearn です。

 学んだことを忘れること? 学ばないこと? ──いいえ、そうではありません。アンラーンは学びの否定ではなく、これまでに学んだ知識や身につけた技術を振り返り、さらなる学びや成長につながる形に整理し直すプロセスです。学びによる知識や経験をよりよく生かし、長いスパンで活躍し続けるための、とても重要なステップなのです。

 ここでは、人生100年時代に成長し自己実現し続けていくための新しい考え方「アンラーン」とはどういうものなのか、そして、そのアンラーンが必要なのはどんな人なのか、ということをお話ししていきます。

「アンラーン」について語り合う柳川範之氏と為末大氏(写真:尾関祐治)
「アンラーン」について語り合う柳川範之氏と為末大氏(写真:尾関祐治)

次ページ 「古い習慣」「見直されないルーチン」が成長を妨げる理由