「ヒロイズム」よりも「ヒーローシップ」を

 自分の人生に対し主体的に、果敢にチャレンジすることを「ヒーローシップ」という。困難を乗り越えて成長してこそヒーローなのだ。とはいえ人間とは弱いもので、壁にぶつかったり、迷いが生じたり、エネルギーが枯渇したりすると、自分1人ではくじけてしまうこともある。そんなときに背中を押してくれる存在がいたら、どんなに心強いだろうか。

 挑戦する人たちを動機づける(勇気づける)ために励まし、叱咤(しった)激励する。あるいは手本を示したり、示唆したりして陰で支える。それもまた「ヒーローシップ」であると言えるだろう。そうやって、私利私欲を超えた使命感と情熱を持って新たなヒーローを育む。それが、インスパイアマンだ。

 先行き不透明かつ予測不能な時代において持続可能な社会や、そこに貢献するハイパフォーマンス組織をつくるには、自分の頭で考え、行動できる人を多く生み出す必要性がある。これからのヒーロー・インスパイアマンに課せられているミッションは、そうした人の成長を支え、「第2・第3のインスパイアマン」を世に送り出すことだ。次回以降もビジネスの現場での、インスパイアマンの奮闘をお届けしていく。

(次回のテーマは、「指示待ち族」)

社会人の基礎力を上げる「ビジネスセミナーウィーク」開催!

 新型コロナウイルス感染拡大の影響がいまだ続く日本経済。長引くコロナ禍は生活者のライフスタイルを大きく変え、これまでの常識が通用しない予測不可能な時代に突入しました。企業は、DX(デジタルトランスフォーメーション)による既存事業の効率化、新規事業の開発で立て直しを図っていますが、うまく進んでいるのはごく一部ではないでしょうか。

 こんな予測不可能な環境を少しでも予測可能にするには、「学ぶ」しかありません。昨年4月にオープンした法人向けのeラーニングサービス「課長塾オンデマンド」は、ビジネスパーソンにビジネスやマネジメントの原理原則を知ってもらい、最新の企業事例を紹介することで成功の法則を見つけるサポートをしてきました。

 今回、課長塾オンデマンドのサービス開始1周年を記念して、「ビジネスセミナーウィーク」を開催します。「ソーシャルメディア・マーケティング」「社会人基礎力をあげるビシネススキル」「新規事業開発」「成果を上げる営業組織創り」「パフォーマンスを上げる組織のつくり方」の5つの学びのテーマを用意しました。講座は1つから申し込み可能なので、興味がある講座だけを受講できます。この機会にぜひご参加ください。

■ セミナーのご案内はこちらから
https://www.nikkeibp.co.jp/seminar/nb/202202KOD/

■ 課長塾オンデマンド
https://info.nikkeibp.co.jp/nb/kod/

この記事はシリーズ「「自走するチーム」って、どう作るの?」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。